全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

稚ウニ93万粒放流 市水産研、赤潮被害対策2年目【根室】

放流の準備をする漁業者㊦放流した稚ウニ(根室市提供)

 【根室】市水産研究所(工藤良二所長)は市栽培漁業研究センターで種苗生産した、エゾバフンウニの稚ウニ約93万粒の放流を行った。2021年の赤潮被害を受け、ウニ資源回復を目指して昨年から実施しているもので今年が2年目。16日は落石漁協分と根室漁協分の約65万粒の放流が行われた。

 種苗生産は5月に親ウニから採苗し幼生飼育を開始。6月に5㌧角形水槽で70万粒の生産計画で稚ウニ約115万粒の飼育を開始。初期餌料にアワビモ、アオサ、成長に応じて生コンブを与えるなど飼育を行い、最終的に計画、前年実績(約70万粒)を上回る約93万粒を生産した。

 生産された稚ウニは5㍉以上の規格種苗が45万粒、5㍉以下が48万粒で規格種苗は昨年の14万粒の3倍、平均殻長は約10㍉と前年を上回り、大きいもので23㍉ほどあった。昨年は初期餌料のアワビモの成長があまり良くなかったが、今年は十分量を確保でき、高水温も乗り切って大きいウニが生産できたという。

 稚ウニは赤潮被害割合により、落石漁協60%の56万粒、歯舞漁協30%の28万粒、根室漁協10%の9万粒をそれぞれ配布。15日には歯舞漁協分の放流が行われ、この日は落石漁協分と根室漁協分を実施。このうち、落石漁協分の放流では漁協の職員、漁業者、市職員、潜水士らが漁船で落石漁港から出港。潜水士がユルリ、モユルリ島周辺の海底に稚ウニを放った。市水産研究所の越智雄大主任(35)は「市内4漁協が運営する市ウニ種苗生産センターの10分の1に満たない量だが、資源を底上げするという意味で、少しでも放流することが大事だと思っている」と話していた。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク