全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ヤマネ保護の取り組み見学 三重・尾鷲の高速道路 新宮高1年生

ヤマネなどが安全に移動できるよう設けている「三重のわアニマルパスウェイ」を見学する新宮高校の生徒ら(15日、三重県尾鷲市で)

 新宮高校(和歌山県新宮市)の1年生約200人が15日、紀伊半島を一周する近畿自動車道紀勢線の一部である国道42号「熊野尾鷲道路」の整備に伴い、国の天然記念物「ヤマネ」を保護するために設けられた歩道橋などを三重県尾鷲市で見学した。専門家から説明を聞き、生徒たちは開発と自然保護を両立させることの大切さを学んだ。
 ヤマネは日本固有種。体長は約8センチで、尻尾まで含めると13センチほど。海岸部の標高約20メートルの森から約2600メートルの森林に生息しており、夜行性で主に樹上で活動している。
 国土交通省紀勢国道事務所(三重県松阪市)によると、この地域にヤマネが生息していることから、2021年8月に全線開通した熊野尾鷲道路の整備に伴って、専門家に調査や保護の協力を依頼した。
 工事用道路の建設で森林を分断した所に、木から木へとヤマネなどの小動物が移動できるようにする歩道橋「三重のわアニマルパスウェイ」を計3本を設けた。直径15センチほどの木製の筒をロープでつなげたもので、長さは約20~40メートル。自然に戻る素材で作られており、苗木の育成に地元の小学生が協力して植樹した周辺の木が大きく育つまでの間、小動物の通り道となる。
 また、トンネル工事のために坑口を伐採したエリアでも、ヤマネが好む木を植栽したという。
 見学会では、この取り組みに協力してきた一般社団法人「ヤマネ・いきもの研究所」(山梨県)の代表理事で、新宮高校の卒業生でもある湊秋作さん(71)らが、生徒たちに事業の概要を説明。湊さんは「ふるさとの君たちに教えることができてうれしい」などと呼びかけながら、開発とともに自然を保護することの大切さを訴えた。
 参加した森本健星君(15)は「いろんな工夫をしながらヤマネを守っていることが分かった。開発と自然保護が両立できるということが勉強になった」と話していた。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク