全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヤマネコを放獣 52日間の保護飼育で回復 環境省西表野生生物保護センター

放獣されたイリオモテヤマネコ。右耳の深い切れ込みと混濁した右目が特徴=10月26日(環境省西表自然保護官事務所提供)

 環境省西表野生生物保護センターは9日、ことし9月19日に西表島東部の美原集落内で保護したイリオモテヤマネコを美原地区の森林内で放獣した。

 放獣されたイリオモテヤマネコはメスの成獣で、保護時の体重は1・95㌔とやせ細っていた。

 検査の結果、左側の口唇横に化膿した傷、左側後ろ足の指の骨の露出、目の角膜炎や角結膜炎があることが分かった。幼獣に見間違うほどの痩せやけがの原因は不明。

 NPO法人どうぶつたちの病院沖縄の獣医師らによる治療とイリオモテヤマネコ保護増殖検討委員の助言を受けながら同センターでの52日間の保護飼育を経て順調に回復。体重も3・55㌔まで増えたことから野生復帰となった。

 今後、集落付近や道路に現れる可能性もあることから、同センターでは「右耳に深い切れ込みがあり、右目が混濁しているヤマネコを見かけたら西表野生生物保護センターに連絡してほしい」と協力を呼び掛けている。

 弱っているイリオモテヤマネコは家禽など捕まえやすい動物を狙いに来ることがあることから「飼育されている動物を守るためにも、小屋などの飼育施設に侵入できる穴がないか確認してほしい。困った点があれば、気軽に相談してほしい」としている。

 目撃情報や問い合わせは同センター(84―7130)まで。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク