全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

中高生と一緒に未来描く 長野県箕輪町で「かみいな交流会」

理想の地域の将来像などについて語り合う参加者

 長野県上伊那地方の住民たちが次世代育成や地域づくりについて考える「キャリア教育かみいな交流会」が15日、箕輪町文化センターであった。前身の催しを含むと今年で10年目。これまで設けていた大人たちによる意見交換の場に、今回初めて中学生が参加。「9歳~80代が一緒に未来を描く1日」をテーマに、幅広い世代が、自身の夢や持続可能な地域の将来像などについて語り合い、多彩な考えを共有する大切さを痛感した。

 産学官連携でキャリア教育を推進する「郷土愛プロジェクト」が主催。有志による実行委員会を立ち上げて、大人のほか、地元の中高生らが運営に当たり、地域色を出した。

 目玉のトークセッションでは、「20年後の古里」について考えてきた箕輪中2年生や箕輪進修高の生徒を中心に約450人が参加。6人ほどのグループをつくり、それぞれが思い描く未来について語り合った。20年後は縁側でお茶を飲む時間を大切にしたいと望んだ50代男性は「みんなが住み良い社会にするには、みんなが仲良くなるのが理想」とした。男子高校生は子育てしている自分の姿を想像し、「若者に寄り添い、子育て世帯が過ごしやすい地域」を願った。それぞれの意見は多種多彩だったものの、多世代が一堂に会して話し合う意義については共感し合った。

 箕輪中2年の生徒は、20年後の町の姿を「豊かな自然を守りながらも、企業や店など働く場所が増えて都会っぽくなっていたら良い」と思い描き、「実現するには、いろいろな人の意見を聞くことが大切で、交流会のような機会が大事」と実感。信濃教育会の武田育夫会長は総評で、「キャリア教育の当事者は、皆さん全員。一人ひとりができることを実践していくことが、元気な伊那谷をつくることにつながる」と呼び掛けた。

 ふるさと学習に取り組んできた箕輪西小4年の発表もあり、野菜作りを通して、栽培の難しさや喜びを知り、地域で受け継がれてきた知恵を学んだことなどを伝えた。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク