全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

犬の遺骨に供えた貝殻装飾見つかる 田原・伊川津貝塚で日本初か

 田原市の県指定史跡「伊川津貝塚」で犬の墓に供えた貝殻の装飾品が見つかった。市教育委員会は15日、報道陣に説明会を開いた。説明によると出土品は約3000年前の縄文後期のものとみられ、学芸員は「人と犬との親和性が分かる重要な資料」としている。

 市教委は2008年から発掘を始め、09年に装飾品が出土した。今年度末に刊行する発掘調査報告書の編集過程で、出土品を確認したところ分かったという。

 市学芸員によると出土品は「玉(たま)」と呼ばれる装飾品で長さは1・7㌢ほど。2種類の巻き貝で側面は磨かれて丸い穴が開いている。貝塚の出土品の多くが食用貝だが、今回は食用貝ではないことと、墓跡から見つかったことから犬の遺骨に供えたものと判断した。犬が生前に身に付けていたものか副葬品かは不明という。

 同貝塚は伊川津町の神明社を中心に南北60㍍、東西180㍍の広範に貝層が広がる。東海地方屈指の貝塚で明治時代に叉状研歯の頭骨や「有髯(ゆうぜん)土偶」なども見つかり、市内の吉胡と保美と並ぶ「渥美三大貝塚」とされる。

 過去の研究で犬は家畜として大切にされたとされるが、現代のような愛玩動物だったかは定かではない。市博物館の増山禎之学芸員は「恐らく日本初の発見。人と犬の関係性を考え直す重要な資料になる」と語った。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク