全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

山小屋への物資輸送 無人VTOL改良機の飛行デモ 長野県伊那市と川崎重工業

伊那スキーリゾート周辺を飛行する無人VTOL機

 長野県伊那市と川崎重工業(本社・東京都)による無人垂直離着陸(VTOL)機を使った山小屋への物資輸送プロジェクトで、改良した機体の飛行デモンストレーションが14日、伊那市の伊那スキーリゾートであった。以前に比べて積載量を増加させ、100キロの荷物を標高3100メートルまで運べる。プロジェクトは2025年度までを目標に事業化の準備を進めていく。

 現在、山小屋への荷揚げは主にヘリコプターを使用しているが、パイロット不足や天候の急変など課題が多い。市と同社は21年度から代替輸送のプロジェクトをスタート。山間地の物流インフラの維持を図り、さらには農薬散布や遭難時の捜索など幅広い活用も視野に入れる。

 同社の無人VTOL機「K―RACER」は事前に設定したルートを往復して食料や燃料など山小屋に必要な物資を運ぶ。今回の実証機はローターの直径を7メートルに伸ばしてパワーを増強。標高0メートルでの最大積載量は以前の2倍に当たる約200キロに増えた。

 今後開発する量産機は標高3100メートルまで約200キロの荷物を運べるようにする。来年度以降に山小屋への飛行実証も実施する予定という。

 14日は伊那スキーリゾート周辺の空き地を会場に実証機を地上20メートルほどまで上昇させ、旋回する様子を披露。関係者約80人が見守った。

 白鳥孝市長は「地方の課題を高いレベルの技術で解決していくことに期待したい」。同社の松田義基社長直轄プロジェクト本部長は「今後もご協力を得て、事業化にまい進したい」と話していた。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク