全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

イチョウ、黄金色の輝き 長野県諏訪市の仏法紹隆寺

黄金色に染まったイチョウが輝きを放ち、参拝者の目を楽しませている=諏訪市の仏法紹隆寺

 長野県諏訪市四賀の仏法紹隆寺にある市天然記念物のイチョウが、黄葉の見頃を迎えた。同市中洲の諏訪上社大祝諏方家住宅敷地内の「大祝家のイチョウ」が雌木、同寺が雄木であることから「夫婦」とする伝承がある。黄金色に染まったイチョウの葉が輝きを放ち、参拝者の目を楽しませている。

 同寺のイチョウの樹齢は推定約300年、高さは約30メートル。同寺の岩﨑宥全住職(45)によると、今年は例年より遅めの10月下旬ごろから色づき始めた後、一気に進行。風や雨で落葉するものもあるが中心部はまだ青く、「1週間くらい楽しめるのでは」と予想する。落葉後も落ち葉のじゅうたんができ、さらに1週間ほど楽しめるという。

 上田市から妻と来た80代男性は「初めて訪れたが、きれいで重厚なイチョウでびっくり」と笑みを浮かべ、記念にイチョウを拾っていた。岩﨑住職は「諏訪地域の紅葉は全国に負けないほど。お寺と紅葉を楽しみ、気軽に仏様や諏訪に触れてもらえたら」と話していた。

 同寺では、同市湯の脇の温泉寺、茅野市玉川の長円寺と連携企画「お殿様が愛した『諏訪紅葉三山めぐり』」を開催中。紅葉シーズン中はライトアップ(長円寺は土日祝日のみ)のほか、特別使用の御朱印を配布する。午前9時~午後4時。名勝庭園の拝観料は500円。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク