全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紙芝居と漫才で学ぶ むかわで津波防災フェス

「世界津波の日」の5日、楽しく防災知識を学ぶ「津波防災フェス2023inむかわ」がむかわ町の道の駅「四季の館」で初めて開かれた。北海道南西沖地震(1993年7月)で被災し語り部となった三浦浩さん(45)=空知管内栗山町=が紙芝居を、道内出身のお笑いコンビ「アップダウン」が漫才を披露。町内外から来場した約120人が津波の恐ろしさや備えることの大切さなどを学んだ。

漫才を通して今後の備えや伝えていくことの大切さを訴えるアップダウンの2人

 道内の電気事業者や福祉事業者、建設業でつくる防災連携計画事業協同組合(札幌市)が正しい防災を楽しく身に付けてもらおうと企画した。

 三浦さんは高校生の時に地震と津波を経験した。地震直後に祖父母を連れてパンツ一枚で逃げたエピソードや津波の被害で変わり果てた街並みを見て、「自分だけが生き残ってよかったのか」と葛藤したことを紙芝居を用いて紹介。発災を受けてとっさに避難できたのは「普段から祖父に言われていた『地震が起きたらすぐに高台に逃げなさい』という言葉が頭にあったから」と言い、「命や暮らし、子どもたちを守っていきたいと、全国を回って経験を伝えている」と力強く語った。

 アップダウンは漫才を交えながら、地震の10回に1回は日本で起きていることや津波が30センチまで来たら動けなくなることを説き、「津波が来たら逃げられないから、来る前に逃げてほしい。決して見に行こうとしないで」と訴えた。また「これまでの経験から『大丈夫』という前例に捉われないで。地震が起きたら、津波が来ると思って」と呼び掛けた。

 熱心に耳を傾けた姉崎直弥さん(20)=千歳市=は「(紙芝居や漫才の内容が)面白かったし、対策などの伝え方も分かりやすかった」と感想を話す。父の憲人さん(57)も「頭に入りやすかった。漠然と暮らすのではなく、避難所の確認や防災品の備蓄などを今後しっかり考えなければ」と気持ちを改めていた。

 このほか、元客室乗務員の伊藤朝子さんによる防災スカーフ講座や奥尻復興ソングを歌う札幌市出身のCarinさんのライブ、男子プロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」の専属ダンスチームのパシスタ・スピリッツのパフォーマンスもあり、イベントを盛り上げた。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク