全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「元気おびひろ」とJ&J協定 タイからツアー計画

調印式に臨んだ藤本社長(前列左)、大倉副社長(同右)ら両社関係者

 まちづくり元気おびひろ(藤本長章社長)は2日、JTB・JCBの合弁会社「J&J事業創造」(東京、以下J社)とインバウンド(訪日外国人旅行者)誘致に関する連携協定の調印式を市内の経済センタービルで行った。席上、誘客事業第1弾となるタイからの帯広ツアーを来年2月に計画していることを公表した。

 まちづくり元気おびひろは1日、J社のシステムを使い藤丸に「消費税免税手続一括カウンター」を開設。中心商店街を対象範囲とし、4社5店の参加でサービスを開始している。連携協定はJ社の情報とネットワークを活用し、継続して誘客促進を図り、参加店の拡大や十勝全体の経済振興を図るのが狙い。

 締結内容は(1)市中心市街地エリアのインバウンドの受け入れ環境整備(2)アジア各国を対象とした旅行商品の企画・訪日観光客のプロモーション事業の連携協力-。ツアー造成に加え、インバウンド向け機能を集約した専用iPadをJ社が市内の一部店舗に試験導入している。

 午前10時半からの調印式には藤本社長とJ社の大倉学副社長が臨んだ。藤本社長は「十勝のインバウンド時代の到来を予見させる。誘客のノウハウを学び、地域の振興につなげたい」と述べた。誘客ツアーについて、J社側は九州などで同様の開催実績があるとし、「現在、行程や詳細を詰めている。今後も対象国を拡大し、継続させたい」とした。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク