全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

世界初公開「ヒョウガライトヒキクラゲ」 繁殖させ詳しい生態解明へ

加茂水族館で繁殖に成功したフィリピンに生息するヒョウガライトヒキクラゲ

 鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)で1日、フィリピンに生息するヒョウガライトヒキクラゲの展示が始まった。1914年に発見されて以来、詳しい生態が分かっていないクラゲで、今回は調査研究も兼ねてフィリピンで採集し国内で繁殖させたものを北里アクアリウムラボ(神奈川県相模原市)と新江ノ島水族館(同県藤沢市)と3館同時に世界初公開している。

 ヒョウガライトヒキクラゲは、発見から100年近くはっきりした生息報告がなかった。2013年に広島大大学院生物圏科学研究科付属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センターの大塚攻教授と東海大海洋学部の西川淳教授がフィリピンで再発見。昨年9月に広島大、北里大、新江ノ島水族館、加茂水族館の合同チームで行った調査で生息環境の把握と生体を採集。加茂水族館では卵を持ち帰り、世界に誇る繁殖技術で繁殖に成功、今回の同時展示となった。

 これまでに分かった生態では、フィリピン西の一部の河口で見られ、成長すると傘がヒョウ柄模様となる。現地では傘の直径が20センチ前後の個体も確認されたという。今後、大塚教授らの共同研究で成長過程や傘の模様の変化など詳しい生態を解明していく。

 フィリピン調査に参加し、個体の繁殖に携わってきた加茂水族館飼育課の池田周平さん(30)によると、生息環境に合わせた塩分濃度の調整や餌の量など全てが手探り状況。暖かい地域に生息するため、水温は27度に保ち越冬させた。

 1日からの展示では傘の直径が5センチほどの2個体を公開。近づいて見ると、斑点状のヒョウ柄が現れている。今後、繁殖させて大きくなったものを順次公開していくという。加茂水族館の池田さんは「他のクラゲとの違いを見比べながら、たくさんの方に見てほしい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク