全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

藤丸再生へまずは歳暮 新会社×ヤマト 3日から予約受け付け 帯広

藤丸のロゴを印刷した専用箱を持ち、歳暮復活をアピールする村松社長と鈴木道東主管支店長(右から)

 1月末で閉店した百貨店・藤丸の再建を担う藤丸株式会社(新藤丸、帯広市、村松一樹社長)は31日、新藤丸営業再開に向けた第1弾として、お歳暮販売を11月3日から再開すると発表した。旧藤丸時代の人気ギフト「とかち小箱」が主軸で、ヤマト運輸の道東地区全30営業所で予約を受け付けるなどの販売体制を構築した。

 とかち小箱は管内メーカーの人気商品をセレクトしたギフトで「一番人気の商品」(村松社長)。今回は六花亭や柳月の各セットなど5社5品入りの「スイーツ」と、トヨニシファームのパスタセットなど4社6品入りの「ミックス」の2種。価格は各5240円。

 小箱のパッケージは、藤丸の包装紙柄の専用箱を新たに製作。SDGsの観点から過剰包装を軽減するのが狙い。そのほか、あすなろファーミング(清水)やいけだワイン城など管内14社51商品の産直・単体商品を、歳暮用として取り扱う(会社ごとの包装紙などで対応)。小箱も含め全品、包装紙をモチーフとした村松社長名のあいさつ文を同封する。

 販売は11月3日に開設する新藤丸のECサイトのほか、旧藤丸外商部長に営業の協力を仰ぐ。連携するヤマト運輸道東主管支店は各営業所に特設カウンターを設け、商品カタログを設置、受注と決済(現金のみ)、全国配送を担う。小箱の販売目標は旧藤丸時代の1500セットとし、歳暮商品の受け付けは12月11日まで。

 この日は村松社長と、ヤマト運輸の鈴木庸介・道東主管支店長、新藤丸の山川知恵顧問が帯広経済センタービルで会見。村松氏は「店舗の営業再開は早ければ2025年秋に変更はない。ギフトの通年販売の早期実現も目指す」と力説、鈴木氏は「地域貢献、まちなか活性化に取り組む(新藤丸の)思いに共感し、連携を受けた。今回を縁に館内物流協力の可能性も模索したい」とした。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク