全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「野菜、おいしく食べて」 

毎月31日を「やさいの日」とし、無農薬野菜の販売などを行うことになった八重農ライフスキル科調理・園芸コースの2年生=5月31日午後、同校正門広場

 日ごろの授業の成果を発表し、高校生の食を改めて考える機会にしようと八重山農林高校ライフスキル科調理・園芸コースの2年生15人は5月31日午後、同校正門広場で野菜の販売を行った。初の取り組み。  8月31日の「野菜の日」にちなみ、野菜を弁当に使い、おいしく食べてほしいとの思いから、31日を同科の「やさいの日」に設定。  今後は31日のある月の午後4時20分ごろから約50分間、同様の活動を行うほか、8月31日には調理関連イベントの開催も計画しているという。  同コースでは無農薬野菜を栽培しており、初回はゴーヤ、ナス、ピーマン、キュウリ、オクラの5種類を178袋用意。値段は創立80周年を記念して80円に設定した。主に教職員、生徒らが購入し、約1時間で完売した。  新垣美羽(いろは)さん(17)は「私たちが作った野菜は安心安全でおいしく、安い。スーパーとの違いを知ってほしい。高校生には野菜を使って簡単な料理でもいいので作ってみてほしい」、兼本涼太君(同)は「野菜を作る大変さや楽しさ、食べ物の大切さを知ってもらいたい」と話した。  野菜を購入した同科の與那城なおみ教諭は「日ごろの授業では見られない活気があり、やりがいを持って取り組んでいると感じる。調理関連イベントなどもあると聞いており、生徒たちのアイデアを楽しみにしている」と語った。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク