全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ドレスコードは大島紬 奄美で「里帰り」パーティー 銀座もとじ

大島紬姿で和やかに交流するパーティーの参加者=27日、鹿児島県奄美市名瀬

 東京都で和装販売店を展開する銀座もとじ(泉二啓太代表取締役社長)は27日、大島紬がドレスコードのパーティーを鹿児島県奄美市名瀬のホテルで開いた。地元の紬産業従事者や東京から訪れた同社の顧客など約80人が参加。とりどりの大島紬姿で和やかに歓談し、島料理や黒糖焼酎を堪能した。

 大島紬の普及や魅力発信、購入者と生産者の交流などが目的。銀座もとじが販売した着物を生産地で身に着けることから、「里帰りパーティー」と称して開催した。顧客らが奄美の文化を体験する2泊3日のツアーも兼ねている。

 参加者は多種多様なデザインの大島紬を上品に着こなし、食事を囲んで互いに親睦を深めた。泥染め職人の金井一人さん(65)は「分業制の紬産業では、ほとんどの工程を担う職人が完成形を知らない。自分が染めた糸でできた反物が着物に変わっていく様子を見ることができて感動」と笑顔で語った。

 東京から参加した元教員の上野弘子さん(61)は10年ほど前、同社が泥染めの出前講座を行っている銀座の泰明小学校で勤務。「子どもたちとの活動を通して奄美の泥染めを知った。大島紬は着心地も良く気に入っている。奄美の人たちが文化や自然を大事にしていることが伝わった」と話した。

 龍郷町中勝で生まれ育った同社の泉二弘明会長(73)は「古里奄美で見る大島紬はやはり格別。とても誇らしく感じる。お客様の笑顔も見られてうれしい」と目を細めた。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク