全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「ゴジラ-1.0」山崎監督 ロケ地・旧岡谷市役所庁舎「貴重な建築物」保存に期待 長野県

早出市長から贈られた「諏訪シネマズ」の認定書を手にする山崎監督(右)

11月3日に岡谷スカラ座(長野県岡谷市)などで全国公開されるゴジラ70周年記念作品の最新作映画「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」でメガホンを取った山崎貴監督(59)=松本市出身=が30日、ロケを行った岡谷市を表敬訪問した。早出一真市長に感謝しながら、撮影に使われた旧岡谷市役所庁舎を「貴重な建築物」として保存に期待を寄せた。

最新作の「ゴジラ」は戦後間もない日本が舞台。1936(昭和11)年に建てられ、今もその面影を残す旧岡谷市役所庁舎が物語の重要な建物として3シーンで使用された。昭和10~30年代の建物を探していた映画製作会社の問い合わせに諏訪圏フィルムコミッション(FC)が推薦してロケが決定。昨年5月にロケが行われ、1週間の準備期間後に3日間撮影し、延べ約200人がエキストラとして参加した。

表敬に合わせて諏訪地方観光連盟から諏訪地方にゆかりの映画となる「諏訪シネマズ」第6号の認定式が行われた。認定書を手渡した同連盟副会長でもある早出市長は「ゴジラ映画とのタイアップは光栄。ゴジラファンなどの岡谷市の来訪に期待する。『ロケ地周遊作戦』などを通じてゴジラと岡谷市をPRしていきたい」と話した。

山崎監督は「自分自身もゴジラファンで、今作にはこれまで作ってきた映画のVFX(コンピューターグラフィクスによる高度なビジュアルを駆使した映像表現)を全てつぎ込んだ」と説明。旧岡谷市役所庁舎については「昭和初期の趣をとどめている貴重な建築物で、イメージにぴったりだった。映画界の宝物というべき建物で、ぜひ今後も残してほしい」と期待した。

表敬後の取材に山崎監督は「戦後間もない時代設定で、ゴジラの恐ろしさのほかに、平和の大切さも込めた。ぜひ多くの人にスクリーンで見てほしい」と劇場での鑑賞を呼び掛けていた。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク