全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝のチーズ国内外で栄誉 銀賞に十勝野フロマージュ ワールドアワード

銀賞を受賞した十勝野フロマージュの「十勝ラクレット モールウォッシュ」(同工房ホームページより)

 世界最大級のチーズコンテスト「ワールドチーズアワード2023」が28日(現地時間)までの3日間、ノルウェー・トロンハイムで開かれ、チーズ工房十勝野フロマージュ(中札内村)の「十勝ラクレット モールウォッシュ」が銀賞、共働学舎新得農場(新得町)の「雪」が銅賞を受賞した。酪農王国十勝のチーズ工房が水準の高さを示した。

 34回目の今回は4000品を超えるチーズが集まった。日本からは32工房がエントリーし、十勝からはTOYOチーズファクトリー(芽室町)も出品した。

 「十勝ラクレット」は農林水産省の地理的表示(GI)保護制度に登録され、管内8工房が独自のチーズを製造。モールウォッシュは熟成時に十勝川温泉のモール温泉水を利用して磨き、まろやかな味わいが特徴となっている。

 十勝野フロマージュは初出品での受賞。赤部順哉社長(54)は「多くのチーズの中から、地域の特色があるラクレットが評価されてうれしい。十勝の乳質の良さも認められた」と話す。

 共働学舎新得農場は2022年英国大会でも銅賞を受賞。一昨年には金賞を受賞している。

 前回大会では、しあわせチーズ工房(足寄町)の「幸」がスーパー金賞に輝いている。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク