全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

東北初 鶴岡で「全国メロンサミット」

ワンコインで高級メロンの食べ比べ。家族連れに大人気=9日、鶴岡市小真木原公園のイベントサミット

 東北で初開催となる「第3回全国メロンサミットin鶴岡」が8、9の2日間にわたり、鶴岡市内で開かれた。北海道から九州までの全国14のメロン産地が集結し、生産者らによるビジネスサミットやワンコイン食べ比べなどのイベントサミットを繰り広げた。両日とも天候に恵まれ、喉の渇きを潤すにはぴったりの“メロン日和”。主催者発表によると9日は約2万人の人出があった。

 9日は市小真木原公園を会場にイベントサミットが開かれ、午前10時の開会を前に家族連れなどで大にぎわい。各産地のメロンや加工品の販売、ワンコイン(500円)でのメロンの食べ比べ、ミニメロンパフェやメロン紅茶などの振る舞い、パルマ市による生ハムメロンとメロンジェラートの試食提供などを繰り広げた。

 このうち大人気のワンコインメロン食べ比べは限定1500食に長蛇の列。トレーに北海道夕張市の夕張キングや茨城県鉾田市のアールスメロン、酒田・遊佐産の赤肉のマリアージュ、鶴岡産として鶴姫と鶴姫レッドなどさまざまな産地のメロン5種を8分の1にカットして500円で提供。味の違いや特徴を楽しんだ。

 家族と訪れた朝暘六小5年の阿部琉人君(10)は「メロンが大好き。マリアージュが甘くておいしかった」。秋田県にかほ市から家族連れで訪れた会社員、佐々木正寛さん(40)は「夕張メロンがやはり完成された味。赤肉の庄内産も完熟度をちょうどよくすると負けないぐらいおいしいと思う」と話していた。

 メロンサミットは消費の低迷、農業者の高齢化という産地の課題を踏まえ、消費拡大を図る一大イベントで2015年の静岡県袋井市を皮切りに各地で開催。3回目となる今回は、北海道夕張市、青森県つがる市、宮城県岩沼市、茨城県鉾田市など14自治体が参加した。

関連記事

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

自慢のしょうゆラーメン食べに来て! 新得・みうら商店 9日に町中華店オー..

 新得町で食品製造・販売業を営む「みうら商店」が、9日に中華料理店をオープンする。腕を振るうのは道外のラーメン店で修業経験がある三浦貴宏社長(50)。長年、夢見てきた地元での飲食店開業を目前にし、...

長野日報社

古民家改修のパン店「ちゃるら」 のんびりした時間を過ごして

長野県伊那市長谷黒河内にパン店「ちゃるら」がオープンした。愛知県から移住した古川浩二さん(57)が、築130年ほどの古民家を改修して営む。「ちゃるら」はスペイン語でおしゃべり、雑談の意味。古川...

長野日報社

個性や思いを焙煎で表現 中米産コーヒー専門店オープン 長野県伊那市富県

長野県伊那市富県上新山に中米産コーヒーの専門店「ヤマワラウコーヒーロースター」がオープンした。入江信文さん(38)、春菜さん(32)夫妻が空き家を購入し、焙煎室を併設した小さなカフェに改修。コ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク