全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

吉田城跡で大名の石垣刻印を新発見

 豊橋市は、吉田城跡で進める石垣修復に伴う解体と発掘調査で、名古屋城築城に関わった大名の新たな石垣刻印が見つかったと発表した。今回は徳島藩主の蜂須賀至鎮(1586~1620)と長州藩主の毛利秀就(1595~1651)ら13個が新発見された。吉田城の石垣が築かれた経緯を知る重要な手がかりという。

 石垣刻印は造成した大名らが石材に彫った文字や記号で、城郭の歴史を検証する重要な資料となる。吉田城では今回を含め、60石から50種78個の刻印が確認された。

 多くは西尾市や蒲郡市付近の三河湾沿いでとれた花崗岩などを使っていることから、名古屋城に関わった大名が残した石材を吉田城築城にも利用したとみられる。

 新たな刻印は吉田城の本丸正面「南多門」の土台となる石垣の修復現場で見つかった。東西幅約6・5㍍、南北約18・7㍍、高さ約4・5㍍の石垣で6月13日から発掘調査している。

 名古屋城など他地域の発掘調査で「山田」の刻印は蜂須賀氏、「二」は毛利氏を示す。蜂須賀氏の刻印は家臣の山田織部佐(おりべのすけ)にちなむとされる。

 調査で毛利の「二」は西尾市幡豆町の沖島でとれた石で、吉田城石垣の調達エリアでは最西端となる。「山田」は三河湾の沿岸でとれ、刻印の一部に残っていたゴカイの巣から判明した。

 ほか、土佐藩主の山内忠義の「トサ〼」や広島藩主の福島正則「大」などの刻印もみつかった。

 名古屋城の石垣を使えた背景について、中川永学芸員は「幕府も重視する戦略拠点であり、藩主の松平忠利が名古屋城築城に関わったことなどがある。吉田城のストーリーを読み解く好機」と意義を説いた。

 市は11月5日午前10時と午後1時半から、本丸広場で担当学芸員による現地説明会を開く。随時開催。午前と午後ともに早い時間帯は混雑が予想され、分散来場を呼び掛ける。  問い合わせは美術博物館(0532・51・2882)へ

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク