全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ウニ長期保存で新技術 釧路のリバーサーが開発

【釧路、根室】水産物の鮮度保持技術や同機材を販売する「リバーサー」(釧路市)が、ウニの長期低温保存技術「リバーサーシステム」を開発した。業界では「ウニは冷凍に適さない」が定説だった。開発された生鮮ウニを約1カ月間冷凍保存する技術は、松田英照社長(55)の鮮魚販売のルーツでもある納沙布岬作業所での失敗から生まれたアイデアで、ウニの販路拡大を後押しする技術として注目されそうだ。

 リバーサーシステムは、ウニのむき身を加熱処理せず冷凍して保存する凍結プログラム。これまでのむき身製品は表面を蒸気などで過熱、固めることで輸 送に耐えうる製品としていたが、食味はいまひとつだった。

 一般的にウニは冷凍後、解凍すると緩くなり色や食感が悪くなるとされてきた。魚介類の凍結の主流となっている急速冷凍は筋肉を凍らせるもので、生殖巣のウニはいわば卵のため、細かな温度管理が必要になるという。

 技術開発は、釧路根室圏産業技術振興センター(釧路市)とナイネンキ(同)からの研究支援と、カネキ木村水産(浜中町)からウニの提供を受け、その後冷凍機器の開発、販売を手掛けるデイブレイク(東京)の参加も得て進められ、約2年かけて完成した。

 現在、冷凍保存1カ月、解凍は家庭用の冷蔵庫でも可能で、解凍後の賞味期限は当日だが、保存期間の延長は相談可能だという。

 根室出身の松田社長は、美容師から魚の販売に転身した40代のころ、納沙布の作業所で生鮮ウニを凍らせるミスをした。時は2月。寒い作業場で凍るのも致し方ないところだが、どうして凍ったかを分析していた。

 その後、新たな鮮度保持技術の開発など業界注目の人となったが、約2年半前の会議の雑談で「ウニが冷凍できれば」との声に「できるよ」と即答したものの、冷ややかな反応に「ムッとした」松田社長は、納沙布のミスで得ていたデータで、それを証明する。

 主流の急速冷凍ではなく自然界に学んだ「緩慢冷凍」が、長年の懸案を解決した。ウニ業者ら関係者と行った食味テストでも「生鮮ウニと食べ比べると違いが分かるが、単独ではほぼ遜色ない」という評価を得た。

 同システムはプログラムを松田社長率いるリバーサーが販売、機器の扱いはデイブレイクが担う。問い合わせはリバーサー090(6875)5389へ。

解凍後のウニ

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク