全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

附属釧路後期、アップル社認定校に 道内で初【釧路市】

 道教育大附属釧路義務教育学校後期課程(早勢裕明校長)がこのほど、世界最大のIT企業Apple(アップル)社が創設した「Apple Distinguished School(ADS)」に認定された。道内の学校としては初めての認定で、今後は世界中の認定校との交流や、アップル社との共同イベントなどを開催することが可能となった。

  ADSは、同社製のタブレットやパソコンを使用した教育プログラムを確立し、生徒だけでなく教員もテクノロジーを活用している教育機関を同社が認定するもの。現在世界36カ国に728校、国内では東京や大阪、奈良などの教育機関10校が認定を受けている。

  認定を受けるには、生徒全員がタブレットやパソコンを一人1台以上保有しており、管理職や教職員が使い方を理解した上で「インスピレーションを与える」「想像力を伸ばす」「良い影響を及ぼす」の分野で一定の基準をクリアする必要がある。教職員が英語でレポートを作成し、3分野に該当する学校での取り組みを、それぞれ90秒の動画にまとめて提出。同社の担当者らと面談などを重ねたのち、認定の可否を決定する。

 同校では、2012年に同社製のタブレット40台を導入以降、毎年台数を増やしていき、21年から一人1台とした。現在は体育や美術なども含む、全ての科目でタブレットを活用した授業を展開している。

 認定を受けるため、18年に東京の認定校3校への視察を行い準備を進めてきたほか、今年4月には田中陽一副校長をリーダーとし、教員5人でプロジェクトチームを発足。生徒らとも協力し、動画の製作などを行い、7月にレポートを提出。今月4日にADSの認定を受けた。

 認定を受けたことで11月には、米フロリダ州で開かれるADSの研修会に教員2人で出向くほか、12月に東京で行われる認定式に出席予定。その後も、世界各国の認定校や同社との情報交換、人事交流なども視野に入れる。

 田中副校長は「これまで地域に根差した教育が多かったが、認定を受けたことで世界が大きく広がった。生徒の成長のため、ADSの制度を最大限利用していきたい」と語った。動画出演などにも協力した、前生徒会長で9年の河野壱茶さんは「生徒の中でもテクノロジーを生かした教育は好評。今後もさらに発展させてほしい」と話している。

タブレットを活用して進められる授業

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク