全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「さらべつ和牛」次代へ 従業員の佐藤さん夫婦が美郷牧場承継

 更別村で唯一、和牛を肥育する美郷牧場(村上更別)を、十勝管外から移住した佐藤亮介さん(31)・春佳さん(31)夫婦が5月に引き継いだ。経営していた富永章嗣さん(76)・洋子さん(76)夫婦は後継者がおらず、従業員だった佐藤さん夫婦に事業を承継。関係者によれば、農業分野では子どもや親族以外への事業承継は珍しいという。代表の亮介さんは「『さらべつ和牛』のブランドをこれからも守っていきたい」と話している。

富永さん(右)から美郷牧場を引き継いだ佐藤さん夫婦

 同牧場は2003年創業。当初は和牛と乳牛を飼育していたが、現在は和牛のみ約170頭を抱え、繁殖から肥育まで一貫して生産している。

 江別市出身の亮介さんは札幌工業高を卒業後に種苗会社に就職。そこで同僚として春佳さん(川崎市出身)と知り合った。その後、亮介さんは苫小牧市、春佳さんは空知管内長沼町で勤めていたが、北大、同大学院で畜産を学んだ春佳さんは「以前から肉牛農家に興味があった」。

 交際していた2人は18年に札幌で開かれた就農フェアで富永さんを紹介され、牧場の見学や研修を体験。富永さんが跡継ぎを探していることを知った。2人は「後継の可能性があるなら」と結婚し会社を退職。村農業担い手育成センターなどの協力を経て、20年7月から1年間、同牧場で研修に励み、その後正式に雇用された。「富永さんは聞けば何でも教えてくれた」と亮介さん。富永さんも「2人は心構えが違った。引き継いでくれるなら彼らしかいないと思った」と肉牛生産のノウハウを一から伝えた。

 株式取得などを行う従業員承継は、同センターやJAさらべつ、日本政策金融公庫帯広支店などが地域一体で支援した。富永さんは「若い人のセンスで自由にやってほしい」とし、従業員として引き続き佐藤さん夫婦をサポートしている。

 佐藤さん夫婦の当面の目標は、27年に十勝で開かれる「全国和牛能力共進会(和牛全共)」への出場だ。同牧場は17年宮城大会の肉牛部門、22年鹿児島大会の種牛部門でともに優等賞を受賞。22年当時、2人は従業員だっただけに「次は牧場主として育てた牛を全国で評価してほしい」と意気込む。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク