全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

盗難被害の文殊菩薩坐像の台座復元、興隆寺【山口】

 2001年の盗難で行方が分からなくなっていた山口市大内氷上5丁目の興隆寺(市原修俊住職)にある文殊菩薩坐像の台座の復元が完了し、23日に開眼供養が行われた。台座を木彫りした山口大教育学部の上原一明教授(57)や彩色を施した宇部市厚東棚井の日本画家で国指定選定保存技術保持者の馬場良治さん(74)、地域住民計30人が参加した。

 同寺釈迦(しゃか)堂内の釈迦如来座像の左右に控える普賢、文殊の両菩薩坐像と文殊菩薩の台座が盗難に遭った。犯人は捕まったが、文殊菩薩坐像の台座の上部「獅子台座」と土台の「岩座」だけが戻らず、市原住職(78)が木の仮台座を用いて安置していた。

 その話を聞いた上原教授が同僚らに呼び掛け、2021年4月に台座復元プロジェクトを発足。彫刻を専門とする上原教授が普賢菩薩坐像や文殊菩薩坐像の台座の写真を参考に粘土原型を制作。調査を進めると、台座が1700年代にトガの木で作られていたことが判明。マツの木を代用して木組みを作り、上原教授が22年3月に台座の木彫りを完成させた。

 その後、馬場さんの自宅兼アトリエ地神舎で、同大による彩色の分析成果と当時の技法を踏まえ、再現に着手。顔料の質を左右する湿度の関係もあり、中断を挟みつつ作業が先月、終了した。

 式では市原住職が「多くの地域住民も待ちわびていたが、何より文殊菩薩様が完成を喜んでいる」とあいさつ。上原教授は「さまざまな人の協力で復元できた」と感謝。馬場さんは「参考にした普賢菩薩坐像の台座の青色が興味深い。1700年代に世界で生まれ、日本では葛飾北斎や歌川広重の日本画に見られる有機顔料のプルシアンブルー(紺青)が使われている」と解説した。

 毎月1、15の両日午前8時半~午後5時に一般公開する。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク