全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

箕輪町の紅葉名所・もみじ湖で野だて体験開催へ CFで運営費募る 長野県

当日の野点て体験で呈茶する山野邉さん

長野県箕輪町の紅葉の名所・箕輪ダム(もみじ湖)の上流部にある末広広場に28、29の両日、野だて体験が無料でできる和風茶屋「いっぷく」がお目見えする。町地域おこし協力隊の山野邉智美さん(45)が、「1万本のモミジの絶景を楽しみながら、くつろいでもらえれば」と企画。町内陶芸家の独創的な茶器を使い、地元産上生菓子と一緒に抹茶を振る舞う。多くの人をもてなせるようにと、イベント運営費を大手クラウドファンディング(CF)サイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で25日まで募っている。

協力隊1年目の山野邉さんは京都府出身。神社仏閣や景勝地での野だてはなじみの光景だった。自身も20代から茶の湯に親しみ、茶道歴は約10年。子育てでしばらく遠のいていたが、今年4月に東京から移住。約1万本のモミジが植わる全国屈指の紅葉の名所に「絶景の中で野だてをしたら最高の気分を味わえるはず」。茶の湯への思いがふつふつと沸き立ち、行動に移すことにした。隊員として町の魅力の発信などを使命にする。CFの立ち上げには「文化芸術が豊かな町。地元の優れた陶芸家を知ってもらいたい」との思いも込めた。

当日に使用する茶器は町内の陶芸家ら3組が制作。わびさびを感じさせる作品、茶器としては斬新なコバルトブルーの器など計13個を用意。地元色を打ち出し、いずれも町内の和菓子店の上生菓子、日本茶販売店が厳選した京都産茶葉、家具職人が制作した長椅子をそろえた。関係する作家らの作品などは、CFの返礼品にしている。

山野邉さんは「紅葉を見ながらゆったりと休息し、思い出深いひとときを過ごしてほしい」と来場を呼び掛ける。

関連記事

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

イカダで16キロ悠々 十勝川下りに43艇 手作りで趣向凝らし

 十勝の夏の恒例イベント「第52回十勝川イカダ下り」(実行委主催)が7日、十勝川で開かれた。時折雨が降る中だったが、参加者は自慢の手作りイカダでゆったりと川の流れを楽しんだ。  スタート地点が...

北羽新報社

ブルーインパルス 能代市上空で初の編隊飛行 華麗な技で魅了

 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」6機が6日、能代市の能代港上空で展示飛行を行い、市内外の観客や航空ファンから大きな歓声が上がった。のしろみなと祭りの30回目と開港50周年の節...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク