全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

むかわ竜レプリカ展示 AOAO SAPPOROと包括連携協定 むかわ町

むかわ町と札幌市中央区南2西3の都市型水族館「AOAO SAPPORO」(山内将生館長)が19日、同館で包括連携協定を締結した。同町の復興のシンボルで国内最大の全身骨格化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)の特別企画展「ザ・パーフェクト恐竜」が同日から始まり、全長約8メートルの実物大のレプリカ(全身復元骨格)が展示された。2024年1月15日まで。

協定書を締結した山内館長(右)と竹中町長

 締結式では、山内館長とむかわ町の竹中喜之町長が、恐竜化石をはじめとする地域資源の活用と地域活性化、観光振興のため連携・協力する協定書に署名した。

 19年に東京の国立科学博物館で「むかわ竜」を目にした山内館長は「縁を感じる。むかわ町の方々が守ってきた地域資源を札幌の地で生かしながら、新しい形の水族館を提案。まちと共に歩む運営をしていきたい」と熱く語った。

 胆振東部地震から5年の節目に触れた竹中町長は「大勢の皆さんからの支援を未来につなぐまちの再生に取り組んでいる」と説明。「『むかわ竜』はまちの元気の源。気候変動で生態系が変化し、叫び声を上げている地球に、時空を超えカムイサウルスが何かを語ろうとしている。その何かを体感してほしい」と呼び掛けた。

 さらに「AOAOへの親子バスツアーを計画している」と明らかにし、山内館長も「むかわの四季の情報を来館者に提供し、同町を訪ねるツアーを考えたい」と述べた。

 会場を訪れた札幌市東区の80代女性は「こんなに大きな恐竜が北海道に生息していたと知り、驚いている。(絶滅した)恐竜のようにならないために地球を大切にしなければ」と話した。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク