全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「お寺カフェ」好評 毎週月・火曜日「開店」 清水の照明寺

 清水町御影西1の高野山真言宗報恩山照明(しょうみょう)寺(矢形聡弘住職)は、毎週月・火曜にお寺カフェ「しゃくなげ」を寺内で開き、地域住民の評判を呼んでいる。矢形住職(53)は「昔からお寺は人々の憩いの場であり、皆さんにとっての憩いの場になれば」と話している。

訪れた人の前でお茶をたてる矢形住職(中央)

 お寺カフェは、檀家以外にも寺を開放し、誰でも来てもらえるようにしたいと8月にオープンした。カフェのモットーは「喜んで快く、楽しく人に会うという意味の『欣然興心會(きんぜんこうしんえ)』」。

 矢形住職は、本州の寺には、お参りの後に茶やまんじゅうを食べ、静養してから帰るという「茶屋文化」があることから、お寺カフェを思い付いた。

 15歳から49歳まで高野山(和歌山県)で修行。真言宗の開祖である空海(弘法大師)が、唐から帰国後にうどんを広めたという説があることから、同カフェでは関西風のうどんを提供している。

 また、吉野葛(くず)を使用したくず餅(450円)などさまざまなデザートも用意。くず餅と抹茶のセット「しゃくなげセット」(750円)など、抹茶付きのメニューでは、矢形住職が自らお茶をたてることもある。10月からは高野山の精進料理である「胡麻豆腐」も提供している。

 カフェを訪れた人たちは「友達と一緒に来た。楽しくておいしい」「気楽に休ませてもらえる」と笑顔を見せていた。

 矢形住職の妻で、調理などを務める典子さん(49)は「大阪から取り寄せたカツオ節を使った関西風のだしの風味を味わってほしい」と話す。

 お寺カフェは月・火曜の午前11時~午後4時。メニューなど詳細は同寺のホームページを参照。問い合わせは同寺(0156・63・2056)へ。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク