全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

古里の緑を未来へ 長野県下諏訪町で「森林づくりの集い」

下諏訪町有林で枝打ちを進める下諏訪北小学校のみどりの少年団

 長野県諏訪地域振興局や下諏訪町などは14日、同町のいずみ湖公園で「諏訪地区森林づくりの集い」を開いた。森林・林業関係団体や諏訪地方5小学校の「みどりの少年団」などから約140人が参加。古里の緑を守り育て未来へ伝えることを誓い合い、水源かん養や土砂災害防止、二酸化炭素(CO2)吸収などの多面的機能を発揮できるよう町有林内で枝打ち作業を進めた。

 新型コロナの影響で昨年度までの3年間は休止し、4年ぶりとなった。開会式で振興局の宮原渉局長は「森林は木材生産ばかりでなく、さまざまな役割があります。元気な森林をつくり、守り続けるためには伐って使って、植えて育てるという循環が必要」と強調。「将来の元気な森林の姿を思い浮かべながら作業してください」と呼び掛けた。

 みどりの少年団は計約30人が参加。地元・下諏訪北小の5年生3人が代表して「みどりの宣言」を行い、「力を合わせて緑を愛する心の輪を大きく広げます」と宣誓した。

 一行は枝打ち用ののこぎりをさやに納め、ヘルメットを着用して町有林内へ。良質な材木に育つよう願いを込めながら、ヒノキなどの枝を幹から切り落とした。同小5年の児童(10)は「地域の皆さん、そして、森林も喜ぶように枝打ちの作業を頑張りたい」と意欲的だった。

 諏訪森林組合、諏訪地域森林づくり・林業振興会を含む4機関・団体の主催。諏訪湖の流出水対策の一つに流域の森林整備があり、「諏訪湖の日」(1日)の関連行事にも位置付けた。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク