全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

夕暮れの街で伊那谷の酒飲み比べ「秋の呑みあるき」 長野県伊那市

夕暮れの中心市街地で行われた「秋の呑みあるき」(いなっせ北側広場)

長野県伊那市の中心市街地で13日夕、伊那谷の酒と味が楽しめる飲み比べイベント「信州伊那街道 秋の呑みあるき」が行われた。大勢の”呑兵衛”たちが夕暮れの街に集まり、さまざまな特色をもつ地酒を心ゆくまで味わった。

商店街活性化を目的に2008年に始まり、初夏と秋の年2回開催してきた恒例のイベント。コロナ禍で一時中断したが、今年6月の「初夏の呑みあるき」で4年ぶりに再開した。

この日は日本酒やワイン、地ビール、シードルなど伊那谷にある酒造会社12社と、市内飲食店の屋台12店が出店。セントラルパークといなっせ北側広場の2会場でさまざまな酒やつまみを提供した。参加者は各酒造会社のブースを回り、試飲グラスになみなみとついでもらった好みの酒をそれぞれのペースで味わった。夕暮れの肌寒さもあって、かん酒も人気。顔を赤く染めながら、仲間や友人らと宵の宴を楽しんでいた。

職場仲間と訪れた伊那市美篶のパート春日理恵さん(49)は「コロナ前に1回来たが、盛り上がりはその時と変わらない。普段は飲まないけど、こうやって皆で集まると楽しくて飲んじゃいます」と笑顔を見せていた。

関連記事

「ヨットのまち」沖合を56艇が疾走 蒲郡でエリカカップ

 日本最大級のヨットレース「エリカカップ」が19日、蒲郡市の沖合で開かれた。愛知県や三重県から56艇が出場した。  1981年に冒険家の長江裕明さんを乗せた「エリカ号」が、常滑市から出港し4年...

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク