全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

戦争の恐ろしさ学ぶ 比川小がガマで平和学習

戦時中、授業をしたというガマを見学した児童ら。右奥が長浜さん=6月27日、久部良集落東方の山中

 【与那国】比川小学校(與島康仁校長、児童8人)は6月23日の慰霊の日にちなみ6月を平和月間と定め、全学年で沖縄戦について調べ学習し、戦争の恐ろしさと命の尊さについて考えた。  27日の学習では、戦時中避難し授業を行ったと伝えられる久部良集落東方の山中にあるガマ(洞窟)を見学。実際、中に入り当時を体験した。  戦時中、近くのガマに避難した父の一男さん(故人)から当時の様子を聞いた長浜利典さん(58)=久部良=が、20人ほどが本を開き授業を受けたというガマの一つを案内した。  一男さんは当時16歳。山中から、爆弾で炎上する久部良集落を目の当たりにした。ガマから米軍のB29爆撃機が見えたと言う。  当時の子どもたちは日課のまき拾いで山中を駆け回り、地形や自身の位置をよくわかっていた。  長浜さんの説明に児童らは湿気があり、うっそうと木々が茂り、薄暗いガマの環境で授業を行ったことが信じられない様子。引率の教諭も息苦しい環境に首をかしげた。  6年生の青野和真君は「こんな所でどんな思いで勉強したのかな、二度と戦争はしてはいけないと思う」と感想を話した。(田頭政英通信員)

関連記事

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

長野日報社

「八幡屋礒五郎」と契約しトウガラシ栽培 シカ食害遭いにくく 長野県下諏訪町

長野県の下諏訪町農業技術者連絡協議会(農技連)は、トウガラシの製造・販売業「八幡屋礒五郎」(長野市)と契約を交わし、今年度から町内で新たにトウガラシの栽培に取り組む。17日は町内赤砂の畑で苗の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク