全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田三中生が海難救助を実体験

生徒たちがロープを海に投げ入れるなどした救助体験

 酒田市の第三中学校(今野誠校長)の2年生5人が5日、同市の酒田海上保安部(相澤孝典部長)を訪問、巡視艇「べにばな」に乗船して海難救助を実体験するなどし、海保業務の一端に触れた。中学生による救助体験は酒田海保では初の試み。

 同校2年生の職場体験学習の一環。若い世代から業務に対する理解を深めてもらおうと、酒田海保は児童・生徒たちの職場体験を積極的に受け入れている。

 この日は男子生徒5人が午前9時に訪れ、業務概要説明、基本動作訓練を受けた後、酒田港東埠頭(ふとう)に停泊中の「べにばな」に乗船し救助体験。「酒田港内で手こぎゴムボートが浸水して乗っていた釣り人が戻れなくなった。1人は海中に転落したもよう」という想定で、海保職員2人が釣り人に扮(ふん)して行われた。

 「急行せよ」という任務を受けた「べにばな」が出動し、救助を求めている釣り人を発見。生徒が「酒田海上保安部です。これからロープを渡して救助します。分かりましたか」とアナウンスした上で、ボートを引き込むためのロープ、人命救助に向けた救命浮環(ふかん)を海に投げ入れて無事、助け出した。

 参加生徒の一人、伊藤祥吾君(14)は「とても緊張した。海保の仕事内容、救助方法を知ることができた。良い仕事だと思った」と感想。酒田海保管理課の松岡裕渉外係長は「救助体験は初めての試みだったが、現場の緊迫感、空気感を伝えることができたのでは」と話し、「このような体験を職業選択時に思い出してもらい、海上保安庁を選んでもらえたら」と語った。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク