全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

認知症「一人じゃない」 紀南各地で交流の催し

「おおるりふれあい広場」で体操をする参加者たち(和歌山県田辺市本宮町で)

 認知症の人やその家族、地域住民らが集い、交流する催しが、紀南の各地で定期的に開かれている。参加者は、同じような悩みを共有したり、予防のために体を動かしたりしている。

 和歌山県田辺市たきない町の南和歌山医療センターは年に6回、サロン「ひまわりの会」を開いている。市内と周辺町に住む70~80代が中心で、センターでの「もの忘れ外来」の受診をきっかけに参加する人が多い。
 本年度3回目のサロンがこのほどあり、当事者や家族ら15人が参加。グループに分かれて、困り事を話し合った。
 ある一人が「ニュースを見ていても頭に入ってこない」と言うと、周囲は「そうそう」と同調。母親に認知症の症状が見られるようになったという人が「注意しないでおこうと思っても、つい言ってしまう」と話すと、同じグループの人たちは「うちも同じ」「ストレスになるから抱え込んじゃ駄目ですよ」などと助言していた。
 センターの担当者は「横のつながりを通して、悩みは自分だけじゃないと感じてもらえたら」と話す。
 田辺市社会福祉協議会の本宮地区事務所は月1回、同市本宮町本宮の「うらら館」で認知症カフェ「おおるりふれあい広場」を開いている。予防も目的の一つで、参加者は楽しみながら体を動かしている。
 12日にあったカフェには高齢の男女11人が参加。タオルを使った体操をしたり、後出しで負けるじゃんけんに2人一組で挑戦したりした。進行役の職員が「間違っても大丈夫。皆と笑うことが認知症予防につながる」と声をかけ、終始和やかな雰囲気だった。
 毎回参加しているという本宮町本宮の男性(81)は「内容が多彩で、いつも楽しい時間を過ごせている」と話していた。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク