全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

氾濫2河川 監視強化 水位計や基準新設 清水・新得

道の水位周知河川として指定される清水町のペケレベツ川

 道は、昨年8月の台風10号災害で氾濫した清水町のペケレベツ川と新得町のパンケシントク川について、8月にも「水位周知河川」に指定し運用を開始する。道が浸水想定区域図を示し、両町はこれに基づいた防災マップを作成する。指定緊急避難所の変更など、早急な地域防災計画の見直しを迫られることになりそうだ。

 水位周知河川は、道管理の市街地1級、2級河川のうち、洪水で相当な損害を生ずる恐れがある場合に指定される。十勝総合振興局管内では、現在223河川のうち芽室川(芽室町)や足寄川(足寄町)など13カ所が指定、運用されている。

 指定された河川には▽水防団待機▽氾濫注意▽避難判断▽氾濫危険と4段階の水位が定められ、各水位に達した場合に道が市町村に連絡し、避難勧告などの判断材料にされている。避難判断は、高齢や障害で配慮を必要とする人の避難を促す「避難準備情報」の発令基準で、氾濫危険は「避難勧告」を発令する基準。

 水位計がなかったパンケシントク川は、町職員が目視などで住民の避難を判断した。一方、過去の浸水被害や人口・資産などを勘案し、1999年ごろに水位計が設置されたペケレベツ川では、上流へ移設するとともに「避難判断」の水位を新設する。

 道が6月中旬、両町へ示した浸水シミュレーションによると、清水町は指定緊急避難所2カ所、新得町でも福祉避難所1カ所が浸水想定区域内に含まれた。両町総務課の防災担当者は「正式な浸水区域図が示され次第、ハザードマップを作成して今年度中に公表する」とする。避難所の見直しを含めた地域防災計画も、同時に改定することになるという。

 十勝総合振興局帯広建設管理部は、両町から住民の避難完了までの想定時間などを聞き取り、設定する水位の高さなどについて道庁と協議を重ねている。同部は「水位計の設置場所、河川の指定区間を含めて早急に答えを出したい」としている。

 なお、既に水位周知河川として運用する芽室川についても、現行の水位を見直すことにしている。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク