全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

無線局の免許交付 とまこまいコミュニティ放送1日開局

苫小牧市大町のとまこまいコミュニティ放送(二瓶竜紀社長)に28日付で総務省から無線局の免許が交付され、東胆振初のコミュニティーFMラジオ局「FMとまこまい」の9月1日開局が正式に決まった。放送開始は同日正午で、防災やまちづくりをテーマとした5時間半の特別番組の放送を予定。ラジオ局としての第一歩を踏み出す。

9月1日の開局に向け準備を進める二瓶社長(左)ら

 同局は地域の情報を市民にいち早く伝えるとともに、番組を通じて人と人のつながりづくりを目指す市民参加型のラジオ局。周波数は83・7MHz。高校生や主婦、企業経営者など多様な立場の市民パーソナリティーが手掛ける25本の収録番組を放送する。加えて平日の朝、昼、夕には天気情報など最新のニュースを届ける生放送も行う。

 1日の開局特番では市危機管理室の担当者などを迎えた防災コーナーや、まちの過去を振り返るコーナーなどを予定。オープニングを担当するのは準備メンバーの1人で、約25年前にも市内でコミュニティーFMの立ち上げを目指し、活動した経験がある松岡桂さん(65)。「当時は開局までたどり着けなかったが、四半世紀がたった今、たくさんの人の支えでようやく実現に至ることができた。感謝の気持ちを伝えたい」と話す。 

 開局に先立ち29日、二瓶社長らが市役所を訪れ、免許の受理と開局の正式決定を岩倉博文市長に報告。二瓶社長は「責任の重さを実感し、より良い放送に努めたい」と力を込めた。岩倉市長は「市民が情報を受け取るための選択肢が広がる点で、とても期待している。スタートラインに立てて本当によかった」と喜んだ。

 開局のきっかけとなったのは、苫小牧青年会議所が2019年8月に行ったコミュニティーFMの可能性を考えるイベント。平時のみならず災害時にも役立つ地元密着のラジオ局の必要性が再確認され、同年12月、市民有志によるFMとまこまい実行委員会が発足した。21年11月に同社を設立。約4年間にわたり、市民パーソナリティーの養成や試験番組の制作、商業施設やイベント会場でのPR活動などの準備を進めてきた。

 市民パーソナリティー養成講座への講師派遣やノウハウの伝授など開局に協力してきた室蘭市のコミュニティーFMラジオ局「FMびゅー」の沼田勇也局長は「皆さんの念願がかない、自分もとてもうれしい。互いに協力し合い、胆振エリア全体を盛り上げていければ」と語った。

関連記事

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

十勝の精肉店がワンツー独占 味付ジンギスカングランプリで最高賞

 味付け羊肉の需要拡大を目的としたコンテスト「味付ジンギスカングランプリ2024」で、最高賞のグランプリに上田精肉店(新得)の「ラム肩ロースジンギスカン」、準グランプリにミートショップ小久保(芽室...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク