全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

半世紀ぶりに水車復活 江戸末期に建造

水の力を受けて回る水車を眺める井澗洸介さん(右)と水車大工の野瀬翔平さん=和歌山県すさみ町周参見で

 和歌山県すさみ町周参見で1970年代まで製粉に使われていた水車が、約半世紀ぶりに水の力で回った。江戸末期に建てられた水車の修復にコロナ禍前から取り組んできた所有者の井澗和良さん(68)=上富田町岩田=や家族たちは「大きな一歩になる」と喜んだ。

 通水試験が26、27日にあり、水車小屋の脇を通る水路からポンプを使って水を流すと、水車が回った。
 今後、きねや臼など水車の付帯設備や水車小屋の修復に取り組むほか、多くが土や石で埋まっている全長約300メートルの水路も、できる限り直すという。
 井澗さんの長男・洸介さん(34)が代表を務める会社が7月、小屋のそばにある古民家を取得しており、カフェにする計画を立てている。
 水車は直径約5メートルで県内最大級。太間川沿いにあり、1864(元治元)年に建てられた。
 全国で水車の修復を手がける「野瀬建設」(福岡県久留米市)が元々の水車から設計し、一般参加も募って7月に組み立てた。
 井澗さんの長女で県職員の山下桃子さん(39)は「水の力で動くことは目標の一つだったが、スタートでもある。気持ちを新たにして次のゴールを目指したい」と話していた。
 井澗さんは「(一連の取り組みで)費用はかなりかかっているが、それ以上の価値が生まれている」と意義を強調した。付き合いが復活した親戚もいるという。
 水車は、井澗さんの曽祖父・和三郎さんが1910(明治43)年に買い受けた。
かつてはスギの葉と、のりの性質を持つタブノキの葉を水車の動力で粉にし、線香を作っていた。井澗さんの祖父である良太郎さんの代まで製粉に使った。
 井澗さん家族が水車復活へ動き出したのは、良太郎さんの次男で井澗さんの父・潔さんが生前に「水の流れがこいしい」などと書き残したメモが2019年に見つかったことも大きかった。洸介さんは「水車に水が通ったことで(潔さんらの)墓前で良い報告ができる」と喜んでいた。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク