全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ばん馬・ドサンコ間近に 新獣舎、12月2日公開 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)で新築中の馬の獣舎「馬ふれあい舎」は、10月末に完成し、冬季開園日の12月2日から公開される。馬房4房を備えた獣舎と放飼場などからなり、まずはばん馬2頭を導入する予定。開拓の歴史で大きな役割を果たしたばん馬の生態を知り、間近で触れ合える環境をつくる。

馬ふれあい舎外観の完成予想図(同園提供)

 同舎の場所は園内西側のライオン舎隣にあったラクダ舎の跡地。約980平方メートルの敷地に、木造平屋166平方メートルの獣舎を建設する。内部には馬房を4房設け、建物の放飼場側には、つなぎ場を4カ所つくる。砂地の放飼場も併設して、朝夕の日差しから逃れられるよう、西側と東側に日よけを設ける。工事は6月中旬に始まり、事業費は約1億1000万円。全国乗馬倶楽部振興協会の助成金や同園への寄付を活用する。

 同園では当初、2頭のばん馬を導入する。導入元は市ばんえい振興室を通して検討中。11月ごろには獣舎に迎えて一般公開に備える。馬の気性が荒くなり危険なため、繁殖の予定はなく、馬は最大4頭まで導入する考え。数年後には北海道和種馬(ドサンコ)の導入も検討している。

 馬は普段は放牧し、来場者との触れ合いは、時間を決めたスポットガイドのような形で行う計画。つなぎ場で飼育員が生態などを説明する。馬の顔や首、体を触り、ブラシをかける、写真を一緒に撮るなどの触れ合いや、馬がなれてきたらまたがることも計画している。「おびZoo寺子屋」などのイベント時には、建物の中に入ることを考えている。

 設計に当たっては、同園の職員などが日高管内の牧場やばん馬の農家に出向き、参考にしたという。同園は帯広競馬場の「ふれあい動物園」との違いについて、「(動物園では)教育的な要素を重視している」と説明する。

獣舎内のイメージ。最大4頭を飼育でき、イベント時には公開を検討している(同園提供)

 放飼場周りの塀や、建物などに掲示物を張り、開拓の歴史や馬の生態を説明する。北海道の開拓では初め小型のドサンコを用い、農耕が盛んになると大型の馬が必要となり、その時導入した馬がばん馬のルーツとなっている。

 同園は「馬は人間のために働いてくれた、気持ちのやりとりができる動物。おじいさん、おばあさんと孫の、ふるさと十勝の歴史についての会話の種になる。飼っていた高齢者は昔を思い出し、触れ合いで元気をもらえるのでは」としている。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク