全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

「摩周そば」間もなく 収穫ピーク【弟子屈】

 【弟子屈】町の特産品「摩周そば」の収穫がピークを迎え、町内の畑で丹精込めて育てられたソバの実が次々と乾燥調製施設に運び込まれている。新そばが食べられる日ももうすぐだ。

 摩周そばは香り高い薄緑色の麺が特徴で、摩周そば生産組合(猪狩広昭組合長)の9戸が栽培。ソバのほか、小麦、ビート、ジャガイモの四つを輪作している。生産量が少ないことから、「幻のそば」とも呼ばれている。

 通常のソバよりも10日ほど早い70~80日で刈り倒し、そのまま2、3日天日干ししてから拾い上げ、脱穀する。このため青い実が多く、薄緑の麺になる。また、しっかりと乾燥させて水分をより落とすことで、高品質にもつながる。

 25日は石狩別などの畑でコンバイン3台が天日干しを終えたソバを拾い上げていき、脱穀していった。実はダンプカーで、摩周湖農協のソバ乾燥調製施設に搬入し、ごみを取り除いて計量、貯蔵する。実のまま製粉会社に出荷したり、町内でそば粉をひいたりする。

 同農協によると、昨年の収穫量は10㌃当たり約90㌔だったのが、今年は72~76・5㌔と少なめ。暑さで虫が活動しなくなり、受粉が減ったほか、局地的な雨でソバが倒れたり、霜や干ばつで生育が悪かったことが原因だという。25㌶の畑でソバを生産している高橋正秀さん(57)は「ほかのソバより、ひと手間かけて作っている。丹精込めて育てた摩周そばを、ぜひ味わってください」と話していた。

 新そばは、収穫が終盤となる9月上旬までには流通する見通し。

次々とソバの実を拾い上げ、脱穀するコンバイン

ソバ乾燥調製施設に搬入されたばかりの実

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク