全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

メーラムニで歌や劇 半嶺さん「継承に関わりたい」

大きなカブ」の劇を方言で演じる子どもたち=18日午後、宮良小学校

 宮良小学校(桃原修校長、児童133人)で18日、方言教室が行われ、1年生17人が、メーラムニ(宮良方言)に翻訳された「アナと雪の女王」の主題歌「Let it go」を歌ったり、童話「大きなカブ」の劇をしたりして方言に親しんだ。  父親が宮良出身で、フィンランドのラップランド大学でサーミ語など危機言語の研究をしている半嶺まどかさんと、琉球大学法文学部で言語学を研究しているクリストファー・デイビス准教授が講師を務めた。  半嶺さんが作成した、宮良方言版の吹き替え音声と字幕付き主題歌の映像が流れると、子どもたちは字幕を見ながら、すぐに元気良く方言で歌った。  子どもたちからは「方言で歌うと楽しい」「日本語歌詞と宮良方言歌詞は全然違うところもあるけど、『降り始め』と『降り始み』とか似てるところもある」などの声が上がった。  宮良小学校とみやなが幼稚園では、子どもたちに方言に親しんでもらおうと、方言教室を毎年開催しているが、外部講師を招いての授業は今回が初めて。  半嶺さんは「父が宮良出身なので、宮良の方言継承に関わりたいと思い、授業をさせてもらった。子どもたちが方言をもっと身近に感じくれたらうれしい」と語った。  デイビス准教授は「歌わせるのに苦労するかと思ったが、元気に歌ってくれた。環境を用意してあげれば子どもたちは自然と方言を学習すると確信した。行政や地域の人々、大人が、子どもたちに方言を聞かせてあげたり、学習する機会をつくったりしてほしい」と期待した。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク