全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

港に「映え」る新名所誕生 ポート・オブ・トマコマイお披露目

苫小牧港管理組合は18日、苫小牧港開港60周年記念で制作したシンボリックモニュメント「ポート・オブ・トマコマイ」の除幕・点灯セレモニーを苫小牧港・西港北埠頭(ふとう)キラキラ公園で行った。港のにぎわい創出や観光資源化にもつながる初の事業で、苫小牧のローマ字表記「TOMAKOMAI」をかたどった。関係者や一般市民ら約300人が港湾地域の新名所誕生を祝った。

シンボリックモニュメントを除幕=18日午前11時30分ごろ、キラキラ公園

 一目で苫小牧と分かるよう文字形にし、色は白と青を1文字ずつ交互に使用。さらに文字をそれぞれ前後させて設置し、めりはりを演出した。港に出入りする船から見ると、文字の配列が逆になるため、青の文字部分「AOAO」のみ目立つ演出だ。空と海の「青々」を連想してもらう狙いで、苫小牧が港と新千歳空港の「ダブルポート」のまちであることを表現した。

 サイズは横11メートル、高さ2・2メートル、幅1・6メートル。船や港の大きさを体感してもらおうと、港で扱いが多い40フィートコンテナとほぼ同じ大きさ。木製で、触ったり台座に座ったりできるが、安全に配慮して文字に乗ることは禁止している。夜間は台座から文字を照らし、当面は午後6時半~同10時に点灯。時刻は季節に合わせて変更予定で、さまざまな普及啓発月間のテーマカラーに合わせたライトアップも検討している。

 訪れた人に港やモニュメントなどを背景に撮影を楽しんでもらうことで、SNS上の情報発信や拡散にもつなげる狙いで、写真の「映え」スポットを意識した取り組みも力を入れる。19日には札幌のカップル1組が結婚記念の撮影を予定しており、同組合もモニュメント活用モデルの一つと位置付け「記念日にも選ばれる撮影場になっていけば」と展望する。

 セレモニーは72年前の1951年に苫小牧港起工式が行われた18日に実施した。苫小牧港管理組合管理者の岩倉博文苫小牧市長は主催者あいさつで「60年の歩みを多くの方に感じて触れてもらいたい」と期待を寄せ、関係者44人で華やかに除幕した。

 みなとオアシス苫小牧運営協議会会長を務める、苫小牧港開発の関根久修社長も「港は重要な役割を果たす一方、親しみやすさは見劣りすると言われてきた」と振り返り「港のにぎわいや市民の親しみやすさにつながれば」と話していた。

 タグボートによる記念放水や特別ゲスト・プロ野球北海道日本ハムファイターズのファイターズガールのダンスパフォーマンスも繰り広げた。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク