全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

規格外ナガイモ格安で イオン北海道とJAおとふけ連携

 イオン北海道(札幌市)は23日から、JAおとふけ(土田純雄組合長)と連携し、運営する十勝管内全8店で音更産の規格外カットナガイモの格安販売を始める。フードロス削減対策の一環。7月末からは全道一部店舗で同JAと連携し、規格外ニンジンの格安販売を開始しており、同社では今後もこうした取り組みに力を入れる考えだ。

格安で販売予定の音更産の規格外ナガイモ(JAおとふけ提供)

 今回販売するのは、同JAで集荷・選別された規格外や一部カットされたナガイモ。1袋(400グラム前後)本体価格98円。イオン帯広店のほか、マックスバリュ(MV)のイーストモールや音更などで販売する。入荷は不定期、価格は変動する場合もある。農林水産省が進める食品ロス削減運動への賛同を示すシンボルマーク(ろすのん)も印字されている。

 同JAは、ナガイモの道内主産地の一つ。今事業を企画した青果卸・ふたみ青果(札幌)によると、これまで規格外は一部加工用に回っていたが、廃棄例も多かったとする。

 イオン側も近年、フードドライブの導入などフードロス削減に力を入れている。昨年、ふたみ青果の提案で試験的に同JAの規格外ナガイモとニンジンを販売したところ、いずれも予想より早く完売。道内でも今年は量を増やし、本格販売を決めた。

 ニンジンはSサイズ5本入りで同98円。7月末、帯広を含めた道内のイオン32店で販売。ナガイモを含め、フードバレーとかちの認証シールが貼ってある。

 イオン北海道では、「規格外野菜を大規模にロングラン販売する例は当社ではまだ珍しい。消費者の反応を見て、拡大を検討したい」としている。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク