全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

台湾から豊橋市電貸切ツアー

「ブラックサンダー号」の前で写真を撮る観光客=豊橋市内で、豊橋観光コンベンション協会提供

 豊橋市内を走る路面電車「ブラックサンダー号」の貸切ツアーを、台湾の旅行社が今月から始めた。市が5月に実施した観光客誘致活動がきっかけ。東海圏を周遊するツアーで同市に立ち寄り、8月にかけて全3回行われる。同市の観光関係者は手応えをつかみ、今後も台湾の観光客を一層呼び込む考えだ。  チョコレート菓子「ブラックサンダー」は台湾でも人気。佐原光一市長らが5月、台湾でトップセールスを実施した際には、ブラックサンダーのラッピングを施した路面電車に「写真を送ってほしい」と興味を示していた。  台湾旅行社「鳳凰旅遊」による「ブラックサンダー号」貸切ツアー初日となった4日、台湾の家族連れら16人と添乗員1人の17人が乗車。豊橋からは、ブラックサンダーの製造工場が市内にあることや手筒花火発祥のまち、同花火などが行われる「炎の祭典」、東三河の観光をPRした。  豊橋観光コンベンション協会によると、ブラックサンダーを全員が「ハオチー(おいしい)」と言い、ツアー客の女性は「豊橋に工場があることを初めて知った。ブラックサンダー号に乗れてとてもうれしかった」。男性客は「次回は手筒花火を見てみたい」と感想を寄せたという。  添乗員の張忠賢さんは「鹿児島や松山などで路面電車に乗るツアーを添乗したことがあるが、貸切は豊橋が初の経験。かつブラックサンダー号に乗車でき、お客さんの満足度も非常に高かった思う」と振り返り、「大変魅力的なコースだったと会社に提案し、定番のツアーコースとして実施していければ」と話したという。  ツアーは、岡崎や名古屋などを周遊するツアーで浜松から伊勢へ移動する途中で豊橋に立ち寄る。今後、18日、8月2日にも実施される。  台湾は親日国で再び訪れる訪日客も多く、同協会などは旅行社との関係を密接にして誘客につなげたいとしている。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク