全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

販売車の運行開始 ダイイチ 初の移動スーパー 帯広

テープカットを終え、第1号車を見送る出席者(右から若園専務と米沢市長、久保会長、宮本社長)

 スーパーをチェーン展開するダイイチ(帯広、鈴木達雄社長)による新事業「移動スーパー」のスタートを記念し、第1号車の出発式が26日午前、拠点となる帯広市内のダイイチ自衛隊前店で行われた。

 移動スーパー事業を展開している「とくし丸」(徳島)のノウハウを使い、効率的に整備された専用車の中に、ダイイチで扱っている生鮮食品や総菜、日用品など400品目を詰め込み、契約者の自宅前まで行って販売する。地域見守りなど福祉的な役割も担う。

 全国にとくし丸の専用車は約250台あるが、道内では初。少子高齢化で「買い物弱者」などが増える中、ダイイチは社会貢献の一環で取り組む。「とくし丸」の総代理店を務めるブルーチップ(東京)とフランチャイズ契約を締結。社内に外販部を立ち上げ、市内でも高齢化率が約43%と高い大空地区を中核エリアとし、5月から登録者の開拓を進めてきた。スタート時は1台体制で、登録数は100件。

 出発式には、今年まちづくりに関わる包括連携協定を結んだ帯広市の米沢則寿市長や、ブルーチップの宮本洋一社長、大空町連合自治会の久保竹雄会長ら来賓や関係者が多数出席。ダイイチを代表して、若園清専務が「お客さまの軒先まで行き、ダイイチの商品を選んで買ってもらえる。高齢化が進む中、地域に根ざした事業にしていきたい」とあいさつした。

 来賓らも交えたテープカットの後、1号車はさっそく大空地区などに向かって走り出した。札幌や旭川でも順次開始予定で、2021年には25台体制にする。

 なお移動スーパー事業は、コープさっぽろ(札幌)も十勝地区で実施している。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク