全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

販売車の運行開始 ダイイチ 初の移動スーパー 帯広

テープカットを終え、第1号車を見送る出席者(右から若園専務と米沢市長、久保会長、宮本社長)

 スーパーをチェーン展開するダイイチ(帯広、鈴木達雄社長)による新事業「移動スーパー」のスタートを記念し、第1号車の出発式が26日午前、拠点となる帯広市内のダイイチ自衛隊前店で行われた。

 移動スーパー事業を展開している「とくし丸」(徳島)のノウハウを使い、効率的に整備された専用車の中に、ダイイチで扱っている生鮮食品や総菜、日用品など400品目を詰め込み、契約者の自宅前まで行って販売する。地域見守りなど福祉的な役割も担う。

 全国にとくし丸の専用車は約250台あるが、道内では初。少子高齢化で「買い物弱者」などが増える中、ダイイチは社会貢献の一環で取り組む。「とくし丸」の総代理店を務めるブルーチップ(東京)とフランチャイズ契約を締結。社内に外販部を立ち上げ、市内でも高齢化率が約43%と高い大空地区を中核エリアとし、5月から登録者の開拓を進めてきた。スタート時は1台体制で、登録数は100件。

 出発式には、今年まちづくりに関わる包括連携協定を結んだ帯広市の米沢則寿市長や、ブルーチップの宮本洋一社長、大空町連合自治会の久保竹雄会長ら来賓や関係者が多数出席。ダイイチを代表して、若園清専務が「お客さまの軒先まで行き、ダイイチの商品を選んで買ってもらえる。高齢化が進む中、地域に根ざした事業にしていきたい」とあいさつした。

 来賓らも交えたテープカットの後、1号車はさっそく大空地区などに向かって走り出した。札幌や旭川でも順次開始予定で、2021年には25台体制にする。

 なお移動スーパー事業は、コープさっぽろ(札幌)も十勝地区で実施している。

関連記事

長野日報社

きょうはお休みです 南箕輪村田畑で伝統行事「盆正月」

 南箕輪村田畑地区で17日、伝統行事「盆正月」が行われた。地域住民が盆休みの延長を求め区長や区長代理、会計、公民館長宅を封鎖。三澤稔区長(71)は、”仕方なく”区役員らに地区事務の休みを通達した...

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐...

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。  幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自...

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク