全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊年祭前に供物づくり 役員や婦人会らがスーマカシ

力を合わせてスーマカシ(あえ物づくり)を行う登野城の女性たち。右が顧問を55年間務めている上地節さん=25日、登野城

 ことし1年の五穀豊穣(ほうじょう)の感謝を神にささげるユーヌシュビ(世の首尾)の一環として、登野城字会(石垣久雄会長)は25日、地区内の民家でスーマカシ(あえ物づくり)を行い、役員や婦人会会員、樹見ら32人が神への供物づくりに精を出した。  登野城のスー(あえ物)はイース(ツノマタ)やイヌシャメ(イボグサ)など、8種類の材料を基に作るなど伝統を守っているという。作られたスー(あえ物)は、26日のアサニガイ(朝願い)で神へささげられる。  1962年から55年間、スーマカシ(あえ物づくり)の顧問を務め、多くの地域行事に貢献してきた上地節さん(91)は、ことしで後進に道を譲ることに。  「責任は次の人に交代するが、これからも元気なうちは地域行事を手伝うつもり。私がこうして健康でいられるのも、地域で働いてきたからだと思うし、神に感謝している。次世代も良くやってくれている。このまま続けてほしい」と願った。  後継者の一人、上地美代子さん(80)は「これからも皆で協力してやっていく。先輩方もいるし、心強い」と笑顔で話した。  石垣会長は「皆が集まって力を合わせていて、何とも言えない心地よさがある。行事に向けて住民が一つになる。これが祭りの本質だ」と喜んだ。

関連記事

鹿児島ご当地アイドル日本一 奄美観光大使のサザン☆クロス

 鹿児島県の観光PRアイドルグループ・サザン☆クロスが東京都で11月24日に開催された「ご当地アイドル№1決定戦~U・M・Uアワード2018」(ザ・クロス主催)で、見事グランプリに輝いた。審査員賞...

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理...

紀伊民報社

どんな本かはお楽しみ 「福袋」貸し出し

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は、司書がお薦めする本を入れた「福袋」を貸し出している。どんな本かは、借りてからのお楽しみ。未知の作品に出合えるわくわく感が楽しめる。  好みのジャンルを飛び越え...

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク