全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊年祭前に供物づくり 役員や婦人会らがスーマカシ

力を合わせてスーマカシ(あえ物づくり)を行う登野城の女性たち。右が顧問を55年間務めている上地節さん=25日、登野城

 ことし1年の五穀豊穣(ほうじょう)の感謝を神にささげるユーヌシュビ(世の首尾)の一環として、登野城字会(石垣久雄会長)は25日、地区内の民家でスーマカシ(あえ物づくり)を行い、役員や婦人会会員、樹見ら32人が神への供物づくりに精を出した。  登野城のスー(あえ物)はイース(ツノマタ)やイヌシャメ(イボグサ)など、8種類の材料を基に作るなど伝統を守っているという。作られたスー(あえ物)は、26日のアサニガイ(朝願い)で神へささげられる。  1962年から55年間、スーマカシ(あえ物づくり)の顧問を務め、多くの地域行事に貢献してきた上地節さん(91)は、ことしで後進に道を譲ることに。  「責任は次の人に交代するが、これからも元気なうちは地域行事を手伝うつもり。私がこうして健康でいられるのも、地域で働いてきたからだと思うし、神に感謝している。次世代も良くやってくれている。このまま続けてほしい」と願った。  後継者の一人、上地美代子さん(80)は「これからも皆で協力してやっていく。先輩方もいるし、心強い」と笑顔で話した。  石垣会長は「皆が集まって力を合わせていて、何とも言えない心地よさがある。行事に向けて住民が一つになる。これが祭りの本質だ」と喜んだ。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク