全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊年祭前に供物づくり 役員や婦人会らがスーマカシ

力を合わせてスーマカシ(あえ物づくり)を行う登野城の女性たち。右が顧問を55年間務めている上地節さん=25日、登野城

 ことし1年の五穀豊穣(ほうじょう)の感謝を神にささげるユーヌシュビ(世の首尾)の一環として、登野城字会(石垣久雄会長)は25日、地区内の民家でスーマカシ(あえ物づくり)を行い、役員や婦人会会員、樹見ら32人が神への供物づくりに精を出した。  登野城のスー(あえ物)はイース(ツノマタ)やイヌシャメ(イボグサ)など、8種類の材料を基に作るなど伝統を守っているという。作られたスー(あえ物)は、26日のアサニガイ(朝願い)で神へささげられる。  1962年から55年間、スーマカシ(あえ物づくり)の顧問を務め、多くの地域行事に貢献してきた上地節さん(91)は、ことしで後進に道を譲ることに。  「責任は次の人に交代するが、これからも元気なうちは地域行事を手伝うつもり。私がこうして健康でいられるのも、地域で働いてきたからだと思うし、神に感謝している。次世代も良くやってくれている。このまま続けてほしい」と願った。  後継者の一人、上地美代子さん(80)は「これからも皆で協力してやっていく。先輩方もいるし、心強い」と笑顔で話した。  石垣会長は「皆が集まって力を合わせていて、何とも言えない心地よさがある。行事に向けて住民が一つになる。これが祭りの本質だ」と喜んだ。

関連記事

長野日報社

きょうはお休みです 南箕輪村田畑で伝統行事「盆正月」

 南箕輪村田畑地区で17日、伝統行事「盆正月」が行われた。地域住民が盆休みの延長を求め区長や区長代理、会計、公民館長宅を封鎖。三澤稔区長(71)は、”仕方なく”区役員らに地区事務の休みを通達した...

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐...

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。  幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自...

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク