全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

糖度良好 帯広メロン出荷

ずらりと並んだメロンを前に選果基準を確かめる生産者

 贈答用で人気の高い「帯広メロン」の出荷が25日、始まった。今年は天候不順に見舞われた昨年に比べて見た目、糖度ともに良く、十勝で順次販売される。

 品種はサーモンピンクの果肉が特徴の「妃(きさき)」。2玉4000円前後で、イトーヨーカドー帯広店などで店頭販売される。

 この日は午前10時から販売元のキサキ糧穀(市愛国町、鬼崎友宏社長)で恒例の「目ならし会」があり、集まった生産者10人がメロンの大きさやあみ目を確認。ここ数日は夜間も気温の高い日が続き生育に影響が生じたが、糖度は15度以上、ネットの張り具合も良好という。昨年と同じ約4000玉の出荷を見込む。

 「FFV(フルーツ・フラワー・ベジタブル)プロジェクト」(西元武会長)が1988年から栽培に取り組み、現在は帯広と芽室の農家6戸で構成。今年から生産者に加わった中村修一さん(57)=芽室=は「次から既存のハウスをさらに有効活用し、生産数を増やしたい」と意欲を見せていた。

関連記事

冬、顔出す ニペソツ山初冠雪 上士幌

 17日の十勝管内は平年並みの寒気が北西方面から入ってきた影響で、冷え込んだ。帯広測候所によると、最低気温は上士幌町糠平で氷点下0.4度を記録。東大雪の山には積雪が見られ、冬の到来を感じさせた。 ...

宇部日報社

垂直の庭をライトアップ 臓器移植啓発

 山口市JR新山口駅の南北自由通路に設置されている「垂直の庭」が16日、臓器移植のシンボルカラーの緑色にライトアップされた。やまぐち移植医療推進財団(今村孝子理事長)主催。10月は厚生労働省が提...

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク