全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

糖度良好 帯広メロン出荷

ずらりと並んだメロンを前に選果基準を確かめる生産者

 贈答用で人気の高い「帯広メロン」の出荷が25日、始まった。今年は天候不順に見舞われた昨年に比べて見た目、糖度ともに良く、十勝で順次販売される。

 品種はサーモンピンクの果肉が特徴の「妃(きさき)」。2玉4000円前後で、イトーヨーカドー帯広店などで店頭販売される。

 この日は午前10時から販売元のキサキ糧穀(市愛国町、鬼崎友宏社長)で恒例の「目ならし会」があり、集まった生産者10人がメロンの大きさやあみ目を確認。ここ数日は夜間も気温の高い日が続き生育に影響が生じたが、糖度は15度以上、ネットの張り具合も良好という。昨年と同じ約4000玉の出荷を見込む。

 「FFV(フルーツ・フラワー・ベジタブル)プロジェクト」(西元武会長)が1988年から栽培に取り組み、現在は帯広と芽室の農家6戸で構成。今年から生産者に加わった中村修一さん(57)=芽室=は「次から既存のハウスをさらに有効活用し、生産数を増やしたい」と意欲を見せていた。

関連記事

恒久平和への願い発信 「平和の鐘」鐘打に市民ら参加

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は15日、新栄公園世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。会員や市職員、一般参加者らが鐘を打ち鳴らし、世界の恒久平和を願った。  石垣...

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク