全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部市の常盤公園でビエンナーレ準備

作品パーツにペンキを塗るショールさんと高校生たち(25日午前10時、彫刻の丘で)

 10月に開幕する第27回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)に向けて、25日から常盤公園の彫刻の丘(野外彫刻展示場)で出品作の設置作業が始まった。一番乗りはハンス・ショールさん(64)=ドイツ=で、高校生らとともに彫刻「construction kit animal」のパーツの色塗りをしている。全18作品が8月25日までに搬入される。

 昨秋の模型審査で実物大制作が決まった作品が、彫刻の丘に並び始めた。設置期間中には、作品がどのように据え付けられるかを直接見ることができる。

初日は、地域活性化の学習を目的に兵庫県から合宿に訪れている村岡高の2年生18人とショールさんが一緒に作業。鉄製の動物型のパーツに、ローラーや筆で丁寧にペンキを塗っていった。遺伝子組み換えに対するメッセージを込めて制作に当たったショールさんは「作品の動物たちは、どこかで見たことがある種を掛け合わせたもので、実際には存在しない。将来を担う子どもたちに、どこまでの組み換えを受け入れて、どこで制限を設けるのか、考えるきっかけとしてほしい」と話していた。市民が参加するショールさんとの制作は、計3日間行われる(受け付け終了)。第27回展は10月1日から11月26日まで。

関連記事

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

宇部日報社

児童がカヌー体験、小野湖で自然満喫

 小野小(河口龍裕校長)の3~6年生14人が22、23の両日、小野湖でカヌーを体験した。20年以上続く恒例行事で、2日目はアクトビレッジおのまで約2㌔の行程を往復。パドルの動かし方を確認しながら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク