全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

自分を残したい 赤羽泉美さんがソロアルバム

ソロアルバム発売記念のライブを開く赤羽泉美さん

 ボサノバフルート奏者の赤羽泉美さん(36)=辰野町=が29日、初のソロアルバム「ソライロ・ボッサ」発売記念ライブを岡谷市塚間町の笠原書店岡谷本店2階ギャラリーあすなろで開く。自身のがん闘病体験をきっかけに制作を決めたソロアルバム。アルバム収録曲を中心に癒やしのボッササウンドを届ける。

 赤羽さんは5歳からピアノ、小学生からフルートを始めた。10年ほど前にブラジル音楽専門のピアニスト・今井亮太郎さんとの共演を通じてブラジル音楽に出会い、フルートに専念。2014年12月にメジャーデビューした。

 ソロアルバム制作は、がん検診で子宮頸がん前がんが見つかり、手術を受けた際、「『自分』を残したい」と強く思ったのがきっかけ。1年ほどかけて制作を進め、今年5月に発売した。ボサノバのスタンダードナンバー、オリジナルの楽曲を含め15曲を収録した。

 ライブでは、ジャケットデザインを手掛けたイラストレーターの絵本から着想を得た「月のなる木」、知り合いのレストランの楽しい雰囲気を軽快なサンバで表現した「食いしん坊の家」、子宮頸がん予防啓発活動「愛は子宮を救う in 長野」の応援曲「風のステンドグラス」などの演奏を予定。今井さんをはじめ、外園健彦さん(ギター)、大森輝作さん(ベース)、ALEXさん(ドラム)らブラジル音楽の国内トップ奏者が共演する。

 赤羽さんは「フルートの新たな一面を見せたい。親子で聞きにきてほしい」と呼び掛けている。

 午後2時開演。チケットは大人2500円、小中学生1000円。チケットの購入・問い合わせは笠原書店(電話0266・23・5070)へ。

関連記事

冬、顔出す ニペソツ山初冠雪 上士幌

 17日の十勝管内は平年並みの寒気が北西方面から入ってきた影響で、冷え込んだ。帯広測候所によると、最低気温は上士幌町糠平で氷点下0.4度を記録。東大雪の山には積雪が見られ、冬の到来を感じさせた。 ...

宇部日報社

垂直の庭をライトアップ 臓器移植啓発

 山口市JR新山口駅の南北自由通路に設置されている「垂直の庭」が16日、臓器移植のシンボルカラーの緑色にライトアップされた。やまぐち移植医療推進財団(今村孝子理事長)主催。10月は厚生労働省が提...

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク