全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺祭幕開け 笠鉾巡行

市街地を練り歩く祭りの一行(24日、田辺市本町で)

 和歌山県田辺市東陽、闘鶏神社の例大祭「田辺祭」が24日に始まった。夏本番の日差しが照りつける中、市街地を笠鉾(かさほこ)や衣笠(きぬがさ)が厳かに巡行した。

 紀州三大祭りの一つで、400年以上の歴史がある。笠鉾と衣笠は本町、福路町、紺屋町、片町、栄町、北新町、南新町、江川の8地区が10基を出している。  午前9時前、みこしや馬に乗った稚児らの一行が神社を出発。各地区の笠鉾と衣笠は本町の旧会津橋前で合流し、みこしを先頭に江川漁港に入った。漁港では「お旅所勤め」を営み、潮掛けの儀式やみこの舞があった。  祭りには担い手として、関西大学や和歌山大学の学生も参加。本町で笠鉾を引いた関西大学4回生、堂岡央丞さん(22)は「歴史があり、地元の皆さんが大切にしている祭りに参加できてうれしい。学生らしく若さや活気で祭りに貢献したい」と意気込んだ。  本町の町総代代行、北村光男さん(66)は「大学生が入ってくれて大変助かっている。暑いのが心配だが、天候にも恵まれて順調な滑り出しだ」と話した。  その後、それぞれ異なる人形などを飾った笠鉾や衣笠が市街地を巡行。太鼓や笛などのおはやしが市街地に響き渡った。  笠鉾や衣笠は午後6時前、神社の鳥居前で引きそろい、9時半ごろからは旧会津橋でも引きそろう。  25日は神社で暁の祭典、流鏑馬(やぶさめ)式などが営まれる。

関連記事

藤ノ花女子高で「十二単」特別授業

 いにしえの文化に親しもうと、豊橋市老松町の私立藤ノ花女子高校で19日、十二単について学ぶ特別授業があった。生徒をモデルに着付けの実演もあり、平成の女子高生たちは平安貴族に思いをはせた。  国語で...

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打...

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生徒...

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク