全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

イタドリ収穫ピーク

試験地で収穫したイタドリ(日高川町熊野川で)

 県林業試験場(和歌山県上富田町)が山菜イタドリ(ゴンパチ)の栽培の試験地に使っている日高川町熊野川の河川敷で、収穫がピークを迎えている。追肥をするだけで約2倍の収穫量になることが分かっており、試験場は「荒れ地でも手間をかけずに栽培できる作物」と勧めている。  この試験地(240平方メートル)は、2013年から同町生活研究グループイタドリ部会が町有地を借りて栽培を続けている。収穫を始めて4年目。収穫するのは直径1・5センチ以上、長さ40センチ以上にしている。  農業用マルチシートを施しただけで耕耘(こううん)や元肥をやらない荒れ地の状態で栽培。半分には追肥をして調べている。追肥は一般の野菜に使われる化成肥料で、収穫の前後2回ばらまく程度とした。この結果、何もしない時より約2倍の収穫量があった。今年も4月上旬から週3回の割合で収穫しており、1日当たり10キロ前後を刈り取っている。  さらに植栽時に耕耘と元肥、畝立てなどをすることで何もしない時に比べて約3倍になるという結果もある。  これまでの研究で、イタドリにはポリフェノールやクエン酸など、健康維持や病気予防などに効果があるとされる機能性成分が多く含まれていることが分かっている。植え付け後は追肥と枯れた茎の刈り取りだけで管理が楽なため、試験場では、遊休農地の再利用や荒れ地の有効利用に適していると栽培を勧めている。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク