全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代市の八幡神社で「夏越の大祓」 茅の輪くぐり身清める

静かに茅の輪をくぐる参列者たち(能代市柳町の八幡神社で)

 能代市柳町の八幡神社(渟城英夫宮司)で29日、罪やけがれをはらい、無病息災を祈る「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」が営まれ、氏子らはカヤや稲わらで編まれた「茅(ち)の輪」をくぐって身を清めた。
 心身の罪やけがれ、過ちをはらい清める神事「大祓」は、古くから宮中で行われていた年中行事の一つで、中世以降に全国各地の神社に広まったとされる。今日では12月31日に行われる「年越の祓」が広く知られているが、6月末には上半期の間に身に積もった罪やけがれなどをはらい、下半期の無病息災を祈る「夏越の大祓」を行う。
 県内では太平山三吉神社(秋田市)や伊豆山神社(大仙市)など執り行う神社は少ないとされ、八幡神社には半世紀以上の歴史があるという。
 この日は氏子総代ら約20人が参列した。おはらいを受けた後、白い紙でできた人形(ひとがた)に3回息を吹きかけてから体をこすり、半年間に付いたけがれなどを落とした。
 続いて参列者は社殿前に設置された直径約2・3㍍の「茅の輪」の前に整列。神職が「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶといふなり」と和歌を唱えた後、1人ずつ「茅の輪」をくぐった。
 神事では渟城宮司らによる祝詞や大祓詞を奏上。その後参列者が神前に玉串をささげてかしわ手を打ち、自身や家族らの残り半年間の無病息災を静かに祈願した。
 氏子総代の渡部清春さん(74)=同市落合=は「この半年のけがれをしっかりはらい落とすことができた。下期も病気や災いに気を付けながら過ごしたい」と話していた。
 きょう30日は、午前10時から茅の輪や人形などをお焚(た)き上げする「焼納式」を行う。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク