全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

山麓周遊バスあすから実証実験 ルート、ダイヤなど検証へ 長野県駒ケ根市

駒ケ根高原での山麓周遊バスの実証実験に使用するオープントップバス

 駒ケ根高原に点在する観光拠点の周遊を促す取り組みとして、長野県駒ケ根市は7月1日~10月31日、山麓周遊バスの実証実験を行う。3年目の取り組み。今年度は初めて観光トップシーズン(7~10月)に有償で運行し、事業の継続やルート、ダイヤ設定などを検証する。天井が開くオープントップの小型バスを利用し、高原の景色や開放感を味わってもらう。

 中央アルプス山麓の観光資源を連絡する新たな交通システムの導入を目指す事業。実証実験を通じて高原を訪れた観光客の足となる交通手段を検討している。2021年度は時速20キロ未満で公道を走れる電動車を活用した「グリーンスローモビリティ」、22年度は電動のEVバスを使った「環境配慮型モビリティ」を期間限定で無償運行。山麓周遊バスに対する一定の需要を確認したという。

 一方、トップシーズンの運行や有料の場合の需要が見えないこともあり、今年度は夏から紅葉シーズンにかけて長期間の有償運行を計画した。

 運行ルートとダイヤは、高速バスとロープウエー行きバスの結節を重視し設定した。同市のビアンデさくら亭を発着点に北川製菓、本坊酒造マルス信州蒸溜所、駒ケ根ファームス、光前寺、家族旅行村の露天こぶしの湯、養命酒製造駒ケ根工場を回る1周1時間のコース。宿泊登山者の前泊日、後泊日の観光利用を主なターゲットに定め、土産物や飲食、寺、温泉、工場見学など多ジャンルを盛り込んだ。

 1日4便運行。さくら亭の発車時間は午前10時45分の始発から第4便まで1時間間隔とする。運賃は1乗車200円、1日券500円。小学生以下半額、未就学児無料。座席上の天窓3カ所が開くバスを使う。25人乗り。7月1、2の両日の利用者には停留する店舗や施設で使える割引券を贈呈する。

 市地域公共交通協議会事務局の市企画振興課は「有償で運行する今年度は、より実装に近い実験を行う」とし、実証実験による事業の進展を期待した。

関連記事

平松食品御津工場で「ハゼの甘露煮」づくり佳境

 おせち料理に使われる「ハゼの甘露煮」づくりが、豊川市御津町の「平松食品」御津工場で最盛期を迎えた。 味の決め手は秘伝のタレ  先月から作業が始まった。三河産と中国産のハゼのはらわたを取...

豊川稲荷で「すす払い」始まる

 豊川稲荷で5日、年末恒例の「すす払い」が始まった。今月中旬頃まで続き、本殿をはじめ境内各所の建物などを清めて迎春準備を整える。  初日は僧侶や職員ら約50人が早朝から作業。建物内の置物を外に...

福かき寄せ商売繁盛 豊橋の西光寺で「三河酉の市」

 年末の風物詩「三河酉の市2023」が1日、豊橋市大手町の西光寺で始まった。商売繁盛や家内安全を願い、多くの人が訪れた。主催は三河酉の市奉賛会。4年ぶりの完全開催となった。  1909年、浅...

長野日報社

外国人向け”ディープな諏訪”体験プレミアムツアー 岡谷市の御諏訪太鼓興業が..

長野県岡谷市神明町の御諏訪太鼓興業は、諏訪の歴史・文化を体験する外国人向けプレミアム旅行ツアー商品を開発し、国内外で利用できる旅行サイト「Attractive JAPAN(アトラクティブ ジャ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク