全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

今に残る大内文化紹介 市が「わかる本」の完結編刊行【山口】

 山口市は7月1日、山口を拠点とした守護大名、戦国大名の大内氏の魅力をまとめた「西国一の御屋形様 大内氏がわかる本」の文化交流編を発刊する。入門、興亡編に続くシリーズ3部作の完結編で、イラストや写真、図表を多用し、現在まで残る大内文化の歴史を分かりやすく伝える。  

 より多くの人に大内氏や大内文化の周知を図ろうと2021年に発刊が始まった。市文化交流課歴史文化のまちづくり推進室が中心となって作成してきた。  

 最終巻の読みどころは、画聖・雪舟を扱った章。謎の多い雪舟と大内氏の関係をイラストや写真を交えて掘り下げている。  

 その他、大内氏と市がクリスマス市と呼ばれるきっかけとなった宣教師フランシスコ・ザビエルの関係、中国、朝鮮半島との関わりなど国際色豊かな大内文化の魅力を伝えている。  

 専門的な知見に触れたい読者の声を受け、研究者3人の特別寄稿も掲載し、大内文化をより深く知ることができる。  

 同室の柳本和芳室長(48)は「本書を通じて、現在も至る所に名残がある大内文化に親しんでもらえれば」と話している。  

 A5判、フルカラー120㌻、税込み650円。同室、市歴史民俗資料館、文栄堂の市内店などで初版900部を販売する。  

 発刊とシリーズ完結に合わせ、イラストを手掛けたtaeco(たえこ)さんの作品展を7月12~17日に天花1丁目の市菜香亭で開催する。サイン入り本を先着50冊販売する。時間は午前9時~午後5時。

関連記事

長野日報社

「ゆめひろば」イルミ点灯 長野県富士見町

 長野県富士見町中心部にある多目的交流広場「ゆめひろば富士見」で9日夜、イルミネーションの点灯が始まった。町商工会青年部が企画し、約3万5000個の発光ダイオード(LED)電飾を園内に装飾。カ...

豊橋出身・村井弦斎を朝ドラに

 明治時代のベストセラー小説「食道楽」で知られる村井弦斎(1863~1927年)をNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の主人公に選んでもらおうと、出身地の豊橋市と晩年まで過ごした神奈川県平塚市の顕彰グル...

釧路新聞社

願いを込めて縁起物作り 根室金刀比羅神社【根室】

 【根室】根室金刀比羅神社(前田穣宮司)の縁起物作りが最終盤を迎えている。9日には巫女(みこ)たちが願いを込めて縁起物作りに精を出した。  今年も初詣に向けた準備は11月から始まっており、準...

釧路新聞社

秋サケ漁獲伸びず 高水温影響、根室30%減、釧路11%増

 根室、釧路沿岸の秋サケ定置網漁が11月末までに終漁し、漁獲数量は根室管内が249万3000匹(前年比30%減)、釧路管内が48万3000匹(同11%増)となった。2022年は漁獲数量が前年の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク