全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

先人の功績語り継いで 日本復帰70周年で特別授業 徳之島町・亀津小

日本復帰前後に親しまれた新民謡を披露する(左から)幸野善治さん、富田良一さん、宮本陽子さん=19日、鹿児島県徳之島町の亀津小学校

 奄美群島の日本復帰70周年を記念した特別授業が19日、鹿児島県徳之島町の亀津小学校(池田昌弘校長、児童361人)であった。同校のOB3人が訪れ、戦後に日本から分離されていた頃の徳之島の様子や、復帰運動に尽力した先人の功績を紹介し、「次世代に語り継いで」と呼び掛けた。

 特別授業は芸術鑑賞の時間を活用して実施。講師として徳之島町副町長の幸野善治さん、町議会議員の富田良一さん、徳之島病院看護部長の宮本陽子さんが来校して、父母や先輩たちから受け継いだ戦後から復帰までの徳之島の様子について伝えた。

 幸野さんは復帰運動のリーダーだった泉芳朗氏(伊仙町出身)のほかに、亀津連合青年団長の爲山道則氏、徳和瀬青年団長の前田長英氏を功労者として紹介。歌が島民を支えてきたことも伝え、当時、親しまれた新民謡の「徳之島小唄」「農村小唄」などを歌って聞かせた。

 授業のまとめで講師らは「日本復帰は奄美群島と出身者が一丸となって成し遂げた世界的にも類のない出来事。徳之島が今後も平和であり続けるためにも先人たちの苦難を後世に語り継いでいってほしい」と児童らに思いを託した。

 受講した児童は「当時の人たちが自分たちの住む島のことを真剣に考えて力を合わせて行動したおかげで復帰運動が成功したことが分かった。私も大切なことは自分の頭で判断して行動に移せる大人になりたい」と感想を述べた。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク