全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代役七夕の灯籠をペーパークラフトに 正流会50周年

能代七夕正流会が結成50周年を記念して製作した役七夕のペーパークラフト

 能代七夕正流会(佐々木芳十三会長)は、能代の伝統行事「役七夕」の灯籠を模したペーパークラフトを製作した。「大丁」と「加勢丁」の2基セットで、能代市大町のササキ楽器で工作キットを販売している。
 七夕愛好者や市内の学生らでつくる同会は、能代七夕のはやしの伝統を継承し市民に七夕の魅力を伝えていこうと、笛の講習会の開催や各種イベントでの出前演奏、福祉施設の慰問活動などを展開。昨年9月に結成50周年を迎えた。
 佐々木会長(74)=同市大町=によると、「役七夕の見物客向けの土産品が少ない」「七夕灯籠の飾りはないものか」といった声を聞いたのをきっかけに、50周年記念の取り組みとして役七夕灯籠のペーパークラフト製作を思い付いた。相談した仙台市の業者に見本の資料を提供し、試作を重ねながら約3カ月がかりで完成、商品化した。
 キットは、その年の役七夕運行を取り仕切る「大丁」、同じ当番の町組として運行を応援する「加勢丁」の灯籠2基の展開図と台座、作り方の説明書のほか、能代のねぶながし行事の由来も印刷された4枚一組のシート。1基当たり12個ある各部のパーツをはさみやカッターで切り取り、順に組み立てて完成させる。高さは約17㌢(台座を含む)で、本物の灯籠の約50分の1スケール。
 佐々木会長は「灯籠の立体感をはじめ、大丁と加勢丁で色味を変えたり、加勢のシャチには『雲』をかけるなど細部までこだわった。ずっと見ていられる、納得の出来栄え」と笑顔。「観光客のお土産としてはもちろん、能代を離れた人には、役七夕や故郷をいつでも思い出せるインテリアになれば。今回のグッズもきっかけに、能代の七夕ウイークが盛り上がってほしい」と期待する。
 工作キットは1組1650円(税込み)。組み立て完成品は2750円(同)で販売している。問い合わせはササキ楽器(☎0185・52・9755)へ。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク